電子タバコ情報コラム

VAPEの日本製リキッドとは

おすすめ

vape_028

近年、電子タバコはコンビニや薬局など身近な場所で目にするようになり、多くの人が利用するようになってきました。その中でも、「ベイプ」はとても使いやすく様々な味を楽しめデザイン性にも優れていることもあり日本でも利用者の多い商品です。

「ベイプ」を利用するためにはリキッドを購入しなくてはなりません。このリキッドとはタバコの成分になる液体のことで、一般的には外国製を使用することになります。ところがこのリキッドには日本製のものもあるのをご存知でしょうか?

では、日本製のリキッドと外国製のリキッドはどのような違いがあるのでしょうか?

一般に外国製のリキッドはその安全性が未だ明確ではなく、有害な物質が含まれていたなどの指摘もあります。それに比べて、日本製のリキッドは、行政のチェックを経てから販売されていますので、極めて安全性の高いものとなっています。日本製のリキッドにはニコチンが含まれていませんので、禁煙対策にも効果があるといわれています。

しかし、ニコチンを含まれないリキッドは、タバコを吸っている感覚を得られず違和感があり物足りないという声も上がっています。

またリキッドには様々な種類がありますが、多くはタバコの味を再現しているものを使用します。ですが「ベイプ」は色々な香りのリキッドがあるのが特徴で、タバコの風味とは違った味を提供している製品もあります。この場合も外国製のリキッドは、味の想像がしにくいのに対して、日本製のリキッドは私たちに馴染みやすいものが多く選びやすいのもポイントです。

このように、メリットが多くある日本製のリキッドを利用するのもお勧めといえます。

店舗一覧