アトマイザーはVAPEの決め手!

これがVAPEの決め手!アトマイザの重要性

リキッドを使用する電子タバコは、様々な種類のリキッドからお気に入りのものを見つけることが重要となります。ところがリキッド以上に重要なものがあることをご存知でしょうか。

実は電子タバコにおいて重要なのはアトマイザです。数多くのパーツで構成されている電子タバコですが、そのパーツの1つがアトマイザです。
そもそもアトマイザとはどのようなパーツなのかというと、リキッドを入れるタンクのようなものです。これがなければ、電子タバコにリキッドを入れることができません。さらにアトマイザの性能によって水蒸気の量にも差が出ます。

アトマイザにもいくつか種類があります。一般的なアトマイザは、タンク式というリキッドを入れておくタイプです。タンク式であればそのままストックしておくこともできます。

また電子タバコでは空気の流れも、水蒸気量や味の濃さに影響します。空気が少ししか入ってこなければ、長く吸い続けることができますし、空気が多く入ってくれば、多くの水蒸気と濃い味を楽しめるのです。
最近ではダイヤル操作で空気の量を調整できるアトマイザも発売されており、より電子タバコを深く楽しめるようになりました。
さらにアトマイザはメンテナンスも重要になります。アトマイザはリキッドを入れておくため、リキッドのフレーバーが付着してしまうことがあります。もしアトマイザを洗わないまま別のリキッドを入れてしまえば、前のフレーバーと混ざってしまいます。

リキッドはブレンドすることで一風変わった味を楽しむこともできるため、多少混ざってしまっても問題ありませんが、相性が悪いフレーバー同士が混ざってしまうと、せっかくのフレーバーが台無しになってしまいます。
こういったことを避けるためにも、アトマイザは定期的に洗うようにしましょう。無水エタノールなどを使うと、よりフレーバーが残りにくくなります。

しかしフレーバーの強いリキッドを長期間アトマイザに入れていると、洗うだけでは取れない可能性もあります。そのためリキッドごとにアトマイザを使い分けるのも、電子タバコを楽しむうえで良い方法と言えます。

電子タバコはパーツを取り換えることで、自分好みの電子タバコにカスタマイズできますが、初心者にとっては難しいものです。もし電子タバコのカスタマイズを楽しんでみたい場合には、まずアトマイザを数種類購入してみて、アトマイザの違いによる水蒸気量や味の違いを楽しんでみてください。