VAPEのメリットとデメリットについて

VAPEのメリットとデメリットは?

禁煙がどんどんと進む現代において、注目を集めている電子タバコ。電子タバコの話題になると必ずと言っていいほど耳にする「VAPE」という言葉は一体どのような意味なのでしょうか。
また電子タバコ自体は知っているけど、どのようなものなのかは詳しく知らないという人も多いかと思います。
今回は電子タバコがどのようなものなのか、そして電子タバコにはどのようなメリットとデメリットがあるのかを見ていきます。

VAPEとは?

電子タバコとセットで耳にすることが多い「VAPE」という言葉ですが、どのような意味があるのでしょうか。
もともとは電子タバコを吸うことを「VAPE」と言います。今でも電子タバコを吸うことを指して「VAPE」と言いますが、今は電子タバコそのものを指して「VAPE」ということも多くなっています。
また「VAPE」は商品名と思われることもありますが、電子タバコ全般を「VAPE」と呼び、「VAPE」の名を冠した電子タバコは、今のところ販売されていません。

では電子タバコはどのように使うのかも見ていきましょう。
電子タバコはその名の通り電気を使います。本体に専用のリキッドを注入し電源を入れます。すると本体内部の電熱線が加熱され、リキッドが温められます。そしてリキッドから水蒸気が発生することで、その水蒸気を吸うことができるようになるのです。
水蒸気がタバコの煙に近く、タバコと同じような臨場感を楽しめるのも電子タバコのポイントです。
またリキッドにはスイーツやフルーツなど、女性でも楽しめるフレーバーが用意されているので、性別に関係なく使用できますし、もちろんタバコフレーバーもあるので、喫煙者でも満足できます。

VAPEのメリット

では電子タバコVAPEのメリットから見ていきましょう。
まず先ほども紹介したように、電子タバコからは水蒸気が発生します。これはあくまでも水蒸気であり、タールなどの有害物質は含まれていません。またニコチンもリキッドによって含まれていないものもあるため、タバコが健康に悪影響を及ぼす原因を抑えながら、タバコを吸っている感覚が得られます。
これによって禁煙に成功するという人も増えています。
次のメリットは様々な味を楽しめるということです。電子タバコのリキッドにはスイーツやフルーツなどのフレーバーがあると書きました。フレーバーの種類は非常に多いため、少なくとも1つはお気に入りを見つけることができるでしょう。
また日本の加熱式タバコでは、スティックやカプセルを使用します。つまり一度の喫煙で1つの味しか楽しめないということです。
ところが電子タバコはリキッドなので、他のリキッドを混ぜ合わせることもできます。フルーツ系のリキッドを数種類混ぜ合わせて、オリジナルのリキッドを作っても面白いのではないでしょうか。
そしてなんといっても、臭いがつかないことは電子タバコの大きなメリットといえるでしょう。
タバコを吸うことで臭いが発生する原因はタールです。しかし電子タバコからはタールが発生しないので、当然臭いも発生しません。
電子タバコを使うことで、喫煙後に服の消臭をしたり、口臭ケアをしたりという手間がなくなります。
またタールは歯や壁紙の黄ばみの原因にもなるため、電子タバコであればそういった黄ばみも抑えることができます。

VAPEのデメリット

電子タバコVAPEのメリットを見ていきました。メリットだけを見ると非常に使いやすい物のように思えますが、実際にはデメリットもあるものです。
電子タバコのデメリット1つ目は、メンテナンスの必要があるということです。電子タバコにはアトマイザーやコイルなどのパーツがありますが、これらは永遠に使い続けられるものではなく、定期的に交換をしたりメンテナンスをしたりしなければなりません。
中には手洗いをしなければならないパーツもあるため、使い捨てができる紙巻きたばこと比べると手間がかかってしまいます。
また粗悪品が出回っていることもデメリットといえます。
電子タバコが普及しつつある中、粗悪品も多くなってきています。粗悪品は低価格で購入できますが、各部の作りが甘く、すぐに故障してしまったり、さらには有害物質を発生させてしまったりする場合もあります。
タバコの健康被害を抑えるために電子タバコに乗り換えても、粗悪品によって健康被害を受けてしまっては元も子もありません。
電子タバコを購入する際には、あまり低価格なものを選ばずに、相場程度の価格のものを選ぶと、被害を避けることができます。

まとめ

電子タバコVAPEとはどのようなものなのか。そしてメリットとデメリットを見ていきました。
電子タバコにはデメリットもありましたが、しっかりとした製品を購入し、定期的なメンテナンスを怠らなければ決して使いにくいものではありません。むしろタバコのデメリットを回避できる、喫煙者にとってはうれしい存在です。
電子タバコを始めようと思っている方は、今回のメリットとデメリットを参考に購入してみてください。