うまい!新時代のタバコと言えばベイプ?

近年徐々に人気が高まりつつある電子タバコ「ベイプ」を知っていますか?

リキッドといわれる様々な香りをまとった液体を蒸発させた煙、つまり水蒸気でできた煙を吸って楽しむ商品です。
これは従来のタバコと比べ健康に害が少ないのはもちろんのこと、欧米諸国ではいろいろな味の煙を吸うことでダイエットなどの健康づくりに活用できないかという考えまでもがあがってきている注目の商品なのです。

さて、もう少しこの電子タバコ「ベイプ」について見てみましょう。

例えばタバコに関してどのようなイメージを持っていますか。と質問すると「健康に悪影響を及ぼす」「臭い」「有害なものをわざわざ吸う必要がない」などマイナスの回答が戻ってくると思います。実際に最近ではタバコを吸える場所も少なくなり、喫煙者の肩身も狭くなる一方です。
そこでこの問題を解決できるメリットを兼ね備えたのが「ベイプ」なのです。

●電子タバコ「ベイプ」のメリット

従来のタバコから発生する有害物質が発生しません

「ベイプ」に含まれる有害物質はニコチンのみ、最近ではニコチンも含まないリキッドも多く存在します。また、火を使わずに液体を蒸発させて作る煙には、副流煙被害の心配もありません。

タバコと同様の満足感が得られるため、自然に禁煙ができる

タバコから電子タバコ「ベイプ」に変えた人の中でも「タバコと同じ使用感で満足度が上がった」などの声が多く聞かれます。これは様々な味の煙を吸うことによりタバコを「うまい」という感覚を損なわずに楽しむことができるためでしょう。

いろいろ試せる新感覚のフレーバー

電子タバコ「ベイプ」の味の決め手となるのはリキッドのフレーバーです。フルーツやコーヒー、ミント味などまるでキャンディーを選ぶような感覚で楽しむことができます。
もちろん各種メーカーのタバコ味も充実しているので、タバコを吸う人も吸わない人も試しやすく注目を集めています。

こんないいこと尽くしの電子タバコ「ベイプ」日本国内でも今後大いに話題になりそうです。