電子タバコ情報コラム

最近よく聞く「ベイプ」とはどんな意味?

電子タバコ情報
シェアする

vape_007

最近テレビなどのメディアでは、禁煙についての話題がよく持ち上がります。法改正によって飲食店での喫煙ができなくなったり、タバコにかかる税金が増えたりといった話題がよく見られます。

このように喫煙者が禁煙を考えるきっかけともなる話題が散見されると同時に、「ベイプ」という言葉もみられるようになりました。この「ベイプ」とはどのような意味なのでしょうか。

「ベイプ」とは電子タバコを吸うことを意味します。紙巻きタバコを吸うことを「smoking」と言いますが、電子タバコを吸うことを「vaping」と言うのです。しかし最近では、電子タバコベイプという商品が発売されており、電子タバコ自体を表す言葉としても使われるようになりました。

電子タバコベイプはもともと欧米で流行しました。セレブが使い始めたことで徐々に広がりを見せ、一般的にも普及していったのです。

では日本でも注目されていたのかというと、決してそんなことはありません。日本ではそもそも電子タバコがどのようなものか知られていなかったため、なかなか普及するに至りませんでした。

ところが冒頭でも書いたように、日本は今、禁煙に向けて大きく動いています。喫煙できるスペースは限られていますし、たとえ喫煙場所でタバコを吸っていても、非喫煙者からは白い眼を向けられます。そのような社会情勢の中で、やっと電子タバコが注目されてきました。

電子タバコはリキッドを入れると、電気で加熱され、水蒸気が発生します。この水蒸気をタバコの煙のように楽しむものです。タバコ葉は使っていないのでタールは発生しませんし、ニコチンを含んでいないリキッドもあるので、健康的に使うことができます。

タバコと言えば副流煙の問題が大きく、周囲の非喫煙者への影響もはかり知れません。しかし電子タバコから発生するのは水蒸気。しかもタールなども含んでいないため、非喫煙者に悪影響を及ぼすことがなく、服や髪に臭いがつく心配もありません。

また本体のカスタマイズ性も高く、様々なカラーのパーツを組み合わせることで、自分だけの電子タバコを作り上げることも可能です。このカスタマイズ性の高さから、喫煙具としてだけでなく、ファッションアイテムとしても注目されているほどです。

他にも繰り返し使えるため経済的、リキッドの種類が豊富で飽きがこない、禁煙のサポートになるなどのメリットもあります。禁煙をしたい人は、一度電子タバコベイプを試してみることをおすすめします。

店舗一覧