よくある質問

使用方法について 
※一般的なバッテリーを例にしてご説明しております。商品によっては適応しないものもあります。

Q1. バッテリーが反応しない。ボタンを押しても光らない。

A1. ロック機能が標準で備わっているものがほとんどです。バッテリーの電源ボタンを5回連続で押してロックを解除できるかどうか試してください。

ボタンを数回(5回程度)押すと電源のオン/オフを切り替えできます。ボタンが点滅すると、電源が入った状態です。 それでもボタンが光らない場合は、バッテリー切れの可能性があります。再度充電を行った後、お試しください。

Q2. 電源をOFFにしたい。

A2. 電源がON状態でボタンを数回(5回程度)押すと、電源をOFFにできます。 こまめに電源をOFFにすることで、誤作動の防止やバッテリーの寿命も長くなります。

ポケットやバッグなどの中で、間違ってボタンを数秒間押されてしまった場合、自動ロック機能が働きます。
その際は数回(5回程度)押して、ロックを解除してみてください。

Q3. ボタンを押しても作動しない。ボタンが点滅しない。

A3. アトマイザーの劣化・接触不具合が考えられます。

・アトマイザー、コイルの劣化の場合
劣化によりご使用できなくなる場合があります。通常2~3週間を目安にお取替えください。

・アトマイザーとの接触の問題の場合
接触部分が汚れている場合があります。綿棒などでバッテリーの接触部分の汚れを除去し、接続をご確認後、再度お試しください。
バッテリーの動作にかかわらず定期的に汚れを取ることをお勧めします。

・バッテリーの充電がなくなると、ボタンが点滅します。しっかりと充電できているかご確認ください。

・コイル不良、劣化の可能性があります。コイルを交換して反応するかお試しください。

Q4. リキッドがボトルから漏れる

A4. キャップを下に押しながら回して開けます。
幼い子供が開けられない仕様となっております。
詳しくはこちらのページで開け方をご確認ください。
※製品によって仕様が異なりますので、ご注意ください。

Q5. 吸う際に、音がする。あまり煙が出ない。

A5. バッテリー、アトマイザーの細部にリキッドがたまり、うまく水蒸気化できない場合があります。

・バッテリーもしくはアトマイザーにリキッドが溜まっていることがあります。
アトマイザーの劣化・コイルの劣化も考えられます。アトマイザー・コイルのお取り換えをご検討ください。
ティッシュや麺棒などで定期的にメンテナンスをすることをお勧めします。

・ネジ部分がしっかりしまっているかお試しください。
コイルやアトマイザーのネジ部分が緩んでいると、漏れる場合があります。

・アトマイザーにリキッド入れすぎると、アトマイザーの内部に漏れる場合があります。
7割程度を上限のを目安とすると漏れにくくなります。

・製品によりますが、アトマイザー注入口の真ん中の穴の部分にリキッドが入ると漏れる場合があります。   中央の穴に入らないようにご注意ください。
漏れる原因になります。

登録・購入について

Q1. クレジット購入ができない。

A1. 使用可能なクレジットカード会社をご確認ください。
VISA、MASTER CARDの取り扱いとなります。

Q2. 振込先、購入情報のメールが届かない

A2. メールが届かない場合は、迷惑メールのボックスもしくはメール設定ををご確認ください。
お客様のメール設定が迷惑メールとして扱われている場合があります。
決済情報に関するメールは決済会社(株式会社ゼウス)からのメールアドレスから送られますので、ご注意ください。

製品について

Q1.バッテリーを充電はどれくらいでなくなりますか。

A1. バッテリー容量、使用頻度に寄りますがによりますが、1300mAhであれば2日程度は充電しなくてもご使用できます。充電時、順伝完了後も充電器に放置すると、バッテリーの寿命が短くなる場合があります。

直射日光の当たる場所や高温になる場所に長時間、バッテリーを置いたりしないでください。

Q2. バッテリーはどのくらいで寿命がきますか?

A2. 通常のご使用であれば、約12ヶ月程度は問題なくご使用できます。バッテリーによりますが、リチウムイオン電池の場合は、携帯電話にも使われる電池です。ご使用の目安としてお考えください。

Q3. リキッドが漏れる

A3. 大抵の場合、コイルに問題があることが多いです。コイルがゆるんでいないかを確認して、それでもなおらない場合コイルを交換することをお勧めします。

Q4. バッテリーが点滅して反応しない

A4. アトマイザーとの接触が原因です。コイルがバッテリーとつながっていますので、Q3同様、コイルの不具合の可能性があります。

リキッドを入れている時や落としたりしてコイルが損傷した場合に多くあります。

コイルを交換して、バッテリーが反応するかお試しください。