電子タバコ情報コラム

電子タバコは健康被害がない!(英ネイチャー誌)VAPEによる禁煙のすすめ

健康・安全性

vape_044

日本でも大流行している、電子タバコVAPE。
今ではもう手放せない!と感じている方が多いのではないでしょうか?
そこで気になるのが、電子タバコ VAPEによる健康被害です。
タール0、ニコチン0と言うのは誰でも聞いたことがあるかと思います。
しかし、電子タバコが流通してからは間もないため、それ以外に体に及ぼす影響はどうなのかは不透明でした。
しかしこの度、イギリスの総合学術雑誌・ネイチャーが、「VAPEによる健康被害はない」と発表したのです。
そこで今回は、ネイチャー誌で発表された内容をまとめてみました。
VAPEの長期使用は安全なのか不安だと思う方は、ぜひ読んでみてください。

Contents

  1. 電子タバコの長期使用による健康被害はないとネイチャー誌が発表
  2. VAPEは自分だけじゃなく周りにも優しい
  3. VAPEによる禁煙のすすめ
  4. 失敗しない禁煙のためにも一度お店でお試しを!

1.電子タバコの長期使用による健康被害はないとネイチャー誌が発表

この研究は、イタリアのカターニア大学と、アメリカのカリフォルニア・ロサンジェルス大学の研究チームにより行われました。
研究の内容としては、VAPEを吸う方と吸わない方の心肺・循環機能を示す、様々な数値を観測したとのことです。
その観測期間は3年半。
観測内容は、血圧、心拍数、体重、肺機能、呼吸器症状、呼気中の二酸化窒素・一酸化炭素、肺の高解像度断層写真の計8点です。
結果的に、健康被害はみられないと発表されました。
今までもVAPEによる健康被害はないと言われてはきましたが、信憑性のある研究結果は発表されていません。
ですが今回、イギリスのネイチャー誌で発表されたので、非常に信憑性の高い情報だと言えます。
「VAPEを長期使用して、体に害があったらいやだな…」と感じていた方も、安心してVAPEを楽しむことができますね。

2.VAPEは自分だけじゃなく周りにも優しい

VAPEを吸っている方にとって、吸う本人の健康被害はもっとも気になるところ。
そして次に気になることと言えば、自分の吐いた煙を吸った、周りへの被害ではないでしょうか。
周囲にも悪影響を及ぼすと聞いたら、なんだか吸いづらいですよね。
ですが、安心してください。
VAPEは自分だけではなく、周りにも優しいんです。
紙巻タバコの副流煙が悪いと言われているのは、吐き出した煙にタール、ニコチン、一酸化炭素が含まれているからです。
タールや一酸化炭素は、火を使って燃やさない限り発生することはありません。
電子タバコは火を使わない仕組みなので、それらが発生する心配はないですよね。
また、日本国内ではニコチン入りのリキッドの販売は禁止されています。
ですので、吐き出した煙にニコチンが含まれることもありません。
三大有害物質と言われている、タール、ニコチン、一酸化炭素。
電子タバコに含まれるものはひとつもないため、仮に自分が吐き出した煙を周りの人が吸ってしまっても、問題はないんです。
有害物質が含まれていなくても煙自体が嫌だという方もいるので、決してどこでも吸っていいわけではありません。
マナーを守ることは必須ですが、害になるものはないと聞いたら吸いやすくなりますね。

3.VAPEによる禁煙のすすめ

イギリス政府から、正式に電子タバコが禁煙補助具として認定されたのをご存知ですか?
電子タバコの有害性に関しても、紙巻きタバコより約95%低いとされたのです。
背景として、イギリスでは2007年から2011年の禁煙成功者が、ほぼ横ばいでした。
上昇する見込みもない、とされていたのです。
しかし、電子タバコが流通した2011年から2016年の間で、禁煙成功者は14%から23%にぐんとあがりました。
その結果として、電子タバコが禁煙補助具として認定されたのです。
数字だけでも、VAPEによる禁煙効果が見てわかります。
禁煙補助具として認可されてからは、病院でも医薬品と同じように処方されるようになりました。
煙を吸って吐くというしぐさは、紙巻たばこと変わらないですよね。
IQOS、gloなどでも言えることですが、加熱式タバコにはニコチンが含まれているので、有害性があるんです。
しかし、VAPEはタール0、ニコチン0です。
そのため、禁煙の一歩として電子タバコに移行するというのは、非常に有効的だと考えられています。

4.失敗しない禁煙のためにも一度お店でお試しを!

紙巻タバコには、がんになるリスクが高くなってしまう有害物質がたくさん含まれています。
健康のことを考えたら辞めたいけど、急に辞めるのは難しいですよね。
そういう方は、まずVAPEに移行してみてはいかがでしょうか。
ニコチン入りのリキッドはありませんが、物によっては紙巻タバコに似た味のリキッドも販売されています。
自分に合ったものが見つかれば、紙巻きタバコから移行するのも夢ではありません。
電子タバコは初期費用がかかってしまうのがデメリットではありますが、ランニングコストを考えると紙巻きタバコよりもお安く済みます。
インターネットでも電子タバコを購入することは可能ですが、失敗しないためにも店頭でお試しすることをおすすめします。
当店では本体、リキッドなど、豊富な種類をご用意しております。
この機会にぜひ一度、足を運んでみてください。

 

店舗一覧