初心者がVAPEを使うために知っておきたい基礎知識とは?

vape_086

全くVAPEの知識がない初心者の場合、VAPEの何を基準に選べばいいか迷う人も多いのではないでしょうか。VAPEには豊富に種類があり、それにともなって特徴もさまざまです。 好みに合わせて選ぶことで、より深くまでその魅力を楽しむことができます。初心者がVAPEを選ぶときに押さえておきたいことを、注意点なども含めながら解説していきます。

1.電子タバコの「VAPE」とは?

そもそも電子タバコのVAPEとはどのようなものなのでしょうか。VAPEの仕組みや構造、また、従来の紙巻きタバコなどとの違いについても説明していきます。

1-1.VAPEの仕組み

VAPEとは簡単にいえば、リキッドと呼ばれる専用の液体を加熱して水蒸気を発生させ、その水蒸気をタバコのように吸い込んだり吐き出したりして香りや味を楽しむものです。VAPEは自分で好きなようにカスタマイズできることに大きな特徴があります。自分でボルト数やワット数を変えると、水蒸気の量や香りも変化させることができ、それによって楽しみ方も人それぞれ変わります。さらにリキッドにも豊富な種類があり、好みのフレーバーを自由に変えることができるのも特徴の1つです。ただし、法律で定められているため、日本国内で入手できるリキッドにはニコチンは入っていません。ニコチン入りリキッドを楽しみたい場合は、海外から個人輸入する必要があります。

1-2.VAPEの構造

VAPEは大きく分けて、バッテリーユニット、アトマイザー、ドリップチップの3種類のパーツに分けられます。バッテリーユニットとは、その名の通り、電力を供給するパーツのことです。MODとも呼ばれます。VAPEを使うときは、このバッテリーユニットを充電して使用することが多いです。アトマイザーと呼ばれるパーツは、VAPEの水蒸気を発生させる部分全体のことを指します。リキッドを充填するためのタンクや、バッテリーの電力を流すためのコイルなど細かな機器によって構成されています。この部分をカスタマイズすることで、水蒸気量を調節したり、より安全に配慮した使い方で楽しんだりすることが可能です。最後にドリップチップとは、水蒸気を吸うときに口を付ける部分のことを指します。金属製や樹脂製などさまざまなものがあり、自分の好みの物を追求することができるパーツです。

1-3.紙巻きタバコや加熱式タバコとの違い

従来の紙巻きタバコは、紙で包まれたタバコ葉を燃焼させ、発生した煙をフィルターを通して吸ってたしなむものです。そのタバコ葉のブレンド方法によって変わる香りや味わいを楽しみます。IQOSやgloなどに代表される加熱式タバコは、タバコ葉を燃焼されるのではなく加熱させて、水蒸気を発生させるものです。発生した水蒸気を吸って楽しむものですが、紙巻きタバコに比べて健康的な害が少ないとされています。

電子タバコは加熱式タバコに近いものです。タバコ葉ではなくリキッドを熱し、それによって出る水蒸気を吸って楽しみます。リキッドは豊富にあり、前述の通り、ニコチンを含むリキッドを使用することも可能です。ニコチンを含まないリキッドは、その成分から見ても、ほとんど健康に影響を及ぼさないとされています。

2.VAPEのデバイスの種類

VAPEのデバイスにはさまざまなタイプがあります。それぞれについて、メリットなどにも触れながら詳細を説明していきます。

2-1.ペン型

小型の割にその内容は充実しているものが多く、上級者にも愛用されていることが多いのがペン型です。水蒸気の量が多く、リキッドの味も出やすいため、本格的な味わいを楽しむことができます。複雑な操作をしなくても使用できるので、もちろん初心者にも扱いやすいタイプです。また、リキッドタンクとバッテリーが一体になっているものなど、オールインワン型であることがほとんどです。面倒なメンテナンスなどをする必要もありません。

2-2.ボックス型

出力数などの細かい調整ができ、リキッドの性質や自分の好みに合わせた吸い方ができるのがボックス型の特徴です。自由にカスタマイズすることができるので、自分だけのVAPEに仕立てて楽しむことも可能です。最初にこのタイプを選んで、そのままカスタマイズして自分好みに使い続ける人も多いでしょう。ほかのタイプに比べてバッテリーの容量が大きい場合がほとんどなので、長時間吸うこともできます。その割には、大きすぎるというわけでもなく、サイズ感も手に収まる大きさのため操作性にも優れています。

2-3.スティック型、PODタイプ

スティック型は、サイズ感が紙巻きタバコに似ており、それに近い感覚で吸える使い勝手のよさがあります。機能性ではほかのタイプにやや見劣りするものの、それを考慮しても余りある携帯性が魅力です。コンパクトで持ち運びしやすいので、2台目としてスティック型を持つ人も多く見られます。スタイリッシュな高いデザイン性をもつタイプが多いことも魅力の1つです。

PODタイプは、四角いボックスタイプのものとペンタイプの物があり、共通する仕様がアトマイザーとコイルが一体化になったカートリッジ交換タイプになっていることです。PODタイプのVAPEはコイル交換等の面倒な作業がいらないため、そのお手軽さから利用者が急激に増加しています。

3.初心者が押さえておきたいVAPEの特徴

初心者が押さえておきたいVAPEの魅力はさまざまあります。いくつかの特徴を詳細に説明していきます。

3-1.リキッドやフレーバーが豊富

VAPEには甘い香りがするものやメンソールが強いもの、フルーティーなものなど、さまざまな種類のフレーバーがあります。通常の紙巻きタバコのようにVAPEを使用したいなら、タバコの味がするものもあるので、タバコ味を選んでもいいでしょう。海外から個人輸入すれば、ニコチン入りのフレーバーを楽しむこともできます。フレーバーを組み合わせることで、オリジナルの香りを楽しむことも可能です。リキッドを注入するタイプであれば、気分によってその都度フレーバーを変えることもできます。

3-2.吸い方を変えて楽しめる

吸い方を変えることで、それぞれ違った楽しみ方ができるのもVAPEの魅力の1つです。主にVAPEには3つの吸い方があるとされています。まず1つが、マウストゥーラングと呼ばれる、口に一旦水蒸気をためる吸い方です。通常のタバコの吸い方と同じなので、喫煙経験のある人には慣れた吸い方といえるでしょう。口の中にためた水蒸気を肺へ送り、ゆっくりと吐き出します。香りや味を堪能できることが特徴です。

普段の呼吸と同じように、そのまま吸って吐く方法もあります。ダイレクトラングとも呼ばれます。大量の水蒸気を吐き出すことができるため、見た目的にも楽しめるVAPEならではの吸い方です。VAPEでは、爆煙と呼ばれる吐き出す水蒸気を使った遊びなどが人気で、テクニックなども楽しまれています。

3つ目は、水蒸気を口にためるものの、肺には入れないふかし吸いです。水蒸気を肺に入れないので、タバコを吸ったことがない人でも簡単に試してみることができます。また、リキッドの香りをより感じやすいという特徴もあります。

3-3.タバコの嫌な臭いがしない

VAPEは前述の通り、タバコ葉を使用していないという特徴があります。そのため、タバコ特有の嫌な臭いが発生しません。紙巻きタバコや加熱式タバコに比べ、臭いによる迷惑を周囲にかけることは少ないといえるでしょう。VAPEを吸っている人の周囲で発生するのは、リキッドのフレーバーのかすかな香りのみです。タバコの臭いのように、部屋に漂ったり服についたりする心配もありません。紙巻きタバコや加熱式タバコなど、ほかの嗜好品と比較しても、よりスマートな楽しみ方ができるといえるでしょう。

とはいえ、使用ルールを守ることは必須です。公共の乗り物などでは使用することはできません。紙巻きタバコなどと同じような使い方が好ましいとされています。VAPE使用者もそうでない人も、お互いに気持ち良くなれる使い方を心掛けましょう。

3-4.減煙や禁煙にも役立つ

減煙や禁煙にも役立つのがVAPEの最大の魅力だと感じる人も少なくないでしょう。VAPEは、発生させた水蒸気をタバコの煙のように吸ったり吐いたりするので、タバコを吸っているような感覚になることができます。ニコチンを含まないリキッドを使用した場合でも水蒸気が出るので、健康的に減煙や禁煙を目的に使うことが可能です。VAPEを使用すれば、禁煙中に感じやすいイライラを抑えられるという実験結果も実際に出ています。VAPEを使い始めてタバコを吸う回数が減ったり、喫煙をやめられたりした人も多いのです。

4.初心者がVAPEを選ぶときのポイント

さまざまな観点からVAPEを選ぶことで、自分に合ったものを見つけ出すことができます。初心者がVAPEを選ぶときのポイントを説明していきます。

4-1.煙

煙の量を調整するには、抵抗値や電力など、電気的な知識がある程度必要とされます。爆煙を楽しみたいなら、0.9Ω以下のサブオームのアトマイザーと、30W以上のバッテリーを搭載しているものを選びましょう。また、大型のコイルユニットを搭載しているVAPEのほうが、リキッドの供給量が多く、煙の量が多くなりやすいです。特に減煙や禁煙目的にVAPEを使用する人にとっては、煙の量は重要な項目といえます。満足な煙の量を得られるように、十分注意して選ぶようにしましょう。

4-2.コスト

VAPEのパーツは基本的に消耗品であることを理解しておきましょう。たとえばアトマイザー内部のコイルなどは、2~3週間に1回の定期的な交換が必要です。コイルを過度に使用すると、コイルが焦げ付いてしまうなどのトラブルの心配があります。コイルが焦げ付くと味に辛みや苦みが生まれてしまい、満足感を得ることができません。

また、サブオームのコイルユニットを選択した場合、他のコイルよりも消耗が激しくなります。そのため、より高頻度での交換が必要です。たくさんの煙を楽しむほど、当然リキッドが減るのも早くなります。煙の量よりもコスト面を優先するなら、1Ω以上のアトマイザーを選んだほうが良いでしょう。

4-3.機能

VAPEには、その機種によってさまざまな機能がついています。ボルト数やワット数を自分で調整ができる上級者向けのものや、VAPEの温度が上がり過ぎないようにする温度管理機能がついているものもあります。温度管理機能は安全性の高さを上げることはもちろん、味を安定させるのにも役立つ機能です。リキッドは一定温度で加熱しないと、水蒸気となる量が安定しません。満足できるかどうかという面においても、温度管理機能などの付随機能はあると嬉しいものといえるでしょう。

また、たとえばボックス型であれば、機能にこだわって自由に設定を変えることができます。VAPEの扱いに慣れてくれば、より好みのものに仕上げることが可能です。

4-4.バッテリーの容量

VAPEを1日を通して使用するなら、1,500~2,000mAh以上のバッテリー容量が必要といわれています。また、通常のタバコを1日1箱吸っている人は2500mAh程度、1日2箱吸っている人は5000mAh程度が必要です。自分に必要な容量を確かめて、容量からVAPEを選ぶのも1つの手でしょう。ただし、バッテリーの容量が大きいと、VAPE全体のサイズも大きくなります。自分の手にフィットするかどうかなども確認したうえで慎重に選びましょう。場合によっては2個持ちをして、自分に必要なバッテリー容量分を持ち歩くというのも対策の1つです。

5.VAPEを購入してから吸うまでの流れ

VAPEを購入したら早速楽しんでみましょう。購入してから吸うまでの流れを説明していきます。

5-1.バッテリーを充電する

まずはバッテリーを充電しましょう。バッテリー内臓タイプの場合、USBに接続して充電をします。コンセントから充電したいときは変換アダプターを使用しましょう。その際、電圧などには十分な注意が必要です。リチウム電池タイプの場合、充電器に接続して充電します。充電時間は、バッテリーの容量によって異なります。

5-2.リキッドを補充する

充電が終わってから、バッテリーからアトマイザーを外してリキッドを補充します。アトマイザーには、リキッドを上から入れるタイプと、下から入れるタイプがあります。上から入れるタイプのほうが、より初心者にとって入れやすいといえるでしょう。また、リキッドを入れる部分には、水蒸気が通る穴があります。穴は通電部分にもつながっており、穴にリキッドが入ると故障の原因になるので注意が必要です。

また、リキッドが手にかからないように注意しましょう。特に、ニコチン入りのリキッドが手にかかってしまうと非常に危険です。急性ニコチン中毒を引き起こしてしまう可能性があり、重篤な症状を引き起こす場合もあります。リキッドの補充には常に細心の注意を払って、安全にVAPEを使い始めましょう。

5-3.ボタンを操作して吸う

機種によっても若干使い方は違いますが、基本的な操作方法はほとんど同じといえます。バッテリーボタンを何度か押すと電源が入るので、電源が入ればあとはそのまま吸うだけです。吸うときはボタンを押したままにしましょう。吸わないときにもボタンを押し続けていると故障の原因になってしまう可能性もあります。吸うときだけこまめにボタンを押すようにすることが大切です。

6.初心者がVAPEを使うときに気を付けたいこと

VAPEは電気を扱う精密機器なので、取り扱いに注意しないと、思わぬ事故を引き起こしてしまう可能性もあります。初心者がVAPEを使うときに気を付けたいことを説明していきます。

6-1.ゆっくり吸い込む

リキッドは一瞬で水蒸気になるわけではありません。特にリキッドを補充したばかりのときに吸い始めると、コイルが空だきを起こしてしまい、焦げ付きの原因になります。また、VAPEを素早く吸ってしまうと、リキッドがきちんと水蒸気になっていない内に吸うことになります。その場合、水蒸気の量が少なくなってしまうので、十分な満足感を得ることができません。

VAPEはゆっくり吸うことで、水蒸気をたっぷり楽しめます。爆煙を楽しむ場合にも必要なテクニックなので覚えておきましょう。また、ものによっては喉への刺激が強いと感じるリキッドもあります。一気に吸い込み過ぎると痛みすら感じてしまうこともあるので、注意が必要です。

6-2.ボタンは必要なときだけ押す

ボタンを過度に押しているとアトマイザーが熱くなってしまい、バッテリーにも負担がかかってしまいます。長く吸いたい場合は、細かく何回かに分けてボタンを押すようにするのがポイントです。アトマイザーが熱をもつことで、やけどの原因にもなりかねません。安全面から考えても、加熱しすぎない工夫が必要です。

6-3.手入れをきちんとおこなう

VAPEは購入して終わりではありません。丁寧なメンテナンスを必要とする繊細な機械です。たとえば、水蒸気が出づらくなった場合は、コイルなどのパーツ交換が必要になるでしょう。また、タンクはプロピレングリコール、マウスピースや本体の汚れは無水エタノールを使用して、定期的な掃除を必要とします。ぬるま湯を使って洗浄することもあります。その際は良く乾いてから使用することが大切です。

毎日とはいわずとも、定期的な手入れをすれば、長くVAPEを使用し続けることができます。メンテナンスをすることは、万が一の事故を防止することにもつながります。せっかく購入したVAPEを故障させたり、危険な事故を起こしてしまったりしないためにも、メンテナンスは怠らないようにしましょう。

7.初心者が安心してVAPEを購入するにはどうしたらいい?

VAPEを入手するにはさまざまな方法が考えられますが、注意しないと不良品をつかんでしまう可能性もあります。初心者が安心してVAPEを購入する方法を説明していきます。

7-1.デバイス

VAPEのデバイスは、ネット通販や電化製品店でも販売されています。ネット通販であれば、より豊富な種類からものを選ぶことが可能です。しかし、豊富すぎるがゆえに、知識があまりない状態で買おうとすると、自分に何が合っているか分からず迷ってしまうこともあるでしょう。また、正規のサイトで購入しないと、品質の悪いものをつかまされてしまう危険性もあります。慣れていない内は、ネット通販は避けた方が無難でしょう。

たとえば実店舗の中でも、VAPEを専門に扱っているvape studioなら、プロに相談して不安を解消しながら購入することができます。種類も豊富で、自分に合ったものを選ぶことが可能です。店舗では、特に初心者向けにスターターキットなども豊富にそろっています。基本的にはVAPEを使用する場合、パーツをそれぞれ購入する必要があります。しかしスターターキットであれば、吸うのに最低限必要なものを全てセットで手に入れることが可能です。わざわざパーツを選んで購入する手間がかかることがありません。また、爆煙などVAPEならではの楽しみ方が最初からできるような仕様になっているものも多くあります。カスタマイズが可能なデバイスがスターターキットとして売られていることもあるので、特に初心者にはスターターキットがおすすめです。

7-2.リキッド

VAPEのニコチンが入っていないリキッドも、ネット通販や専門店などで購入することが可能です。vape studioなら無料で商品を試すことができるので、試してみたい味がある場合は実店舗型の専門店に行ってみるのがいいでしょう。ただし、ニコチンを含んでいるリキッドは、法律により国内での販売や譲渡ができないルールとなっています。そのため、ニコチン入りリキッドを購入したい場合は、海外から個人輸入する必要があります。正規のネット通販サイトを利用すると、安全に購入することが可能です。その際、輸入量などにも制限があることに注意しましょう。1カ月に使用する目安量として設けられている120mlが、その制限量になります。これを超えたり、120mlを超えていなくても、1カ月に使用する量を超えていると判断された場合は、法律に違反してしまう可能性があります。

また、海外からネットで購入するときには、ある程度期間を要することも頭に入れておきましょう。基本的には2~3週間、場合によっては1カ月ほどかかる場合もあります。配送料にも注意が必要です。ときには配送料だけで予算をオーバーしてしまう可能性も、なきにしもあらずです。海外の製品を注文する際は、一度に注文するなどしてできるだけ負担を少なくするよう心掛けましょう。

VAPEStudioなら初心者でも気軽にVAPEを試せる!

VAPEにはさまざまな種類があり、好みの吸い方に合わせて選ぶ必要があります。自分に合ったものを選ばないと満足感を得ることができず、たとえば禁煙や減煙に失敗してしまうこともあるでしょう。vape studioなら電子タバコのプロに相談しつつ、実際にVAPEを試しながら選ぶことも可能です。プロに相談して、自分に合ったVAPEを選びましょう。