キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元
キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

加熱式タバコ「glo(グロー)」の特徴は?電子タバコとの違いは?

vape_074

普段から紙巻きタバコを吸う人は、喫煙所などで電子タバコを利用する人を見かける機会が増えてきているのではないでしょうか。 一般的に、電子タバコという言葉は加熱式タバコとVAPEを総称したものです。今回は、両者の違いや、加熱式タバコ「glo」と電子タバコ「VAPE」の特徴について解説していきます。そのうえで、初心者におすすめのVAPEスターターキットと購入場所についても紹介します。

加熱式タバコとVAPEの違い

電子タバコには一般的に加熱式タバコとVAPEの両方が含まれると上述しましたが、本来の定義としては電子タバコに該当するのはVAPEのみです。 加熱式タバコの代表的な製品としては、フィリップモリスのIQOS(アイコス)やブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンのglo(グロー)、JTのPloom TECH(プルーム・テック)、ULZE(インペリアルタバコ)などが挙げられます。 紙巻きタバコのような煙ではなく水蒸気を吸い込んで使うという点で両者は共通していますが、水蒸気にタバコ葉由来のニコチンが含まれているかどうかという点で異なっています。

タバコ葉を原料に使って利用者にニコチンを摂取させている加熱式タバコに対し、VAPEで蒸気の原料として使われているリキッドにはタバコ葉が含まれていません。 海外産のリキッドの中にはニコチンが添加されているものもありますが、基本的にはリキッドに付けられたフレーバーの味や香りでリラックスすることを目的にVAPEは使われています。それだけに、VAPEは紙巻きタバコを吸ったことがない人でも気軽に始められるし好品として注目を集めているのです。

ちなみに、加熱式タバコの中でもPloom TECHは他の製品と少し構造が違っています。IQOSやglo、ULZEがタバコ葉を成型した専用のスティックを熱して蒸気を発生させるのに対し、Ploom TECHではリキッドを加熱して発生させた蒸気をタバコ葉を含んだカプセルに通してから吸い込みます。 このように、加熱式タバコの中に構造的にVAPEと共通点の多い製品が含まれていることも、電子タバコという言葉の定義を曖昧にさせている一因だといえるでしょう。

加熱式タバコ「glo」とは

ここからは、加熱式タバコの例としてgloを取り上げて解説していきます。gloの開発元は「ラッキーストライク」や「ケント」などの紙巻きタバコを発売しているブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンです。 タバコ葉のスティックをヒーターで加熱してニコチンを含んだ蒸気を発生させるという点では加熱式タバコの代名詞ともいえるIQOS同様ですが、加熱方式の点で両者は異なっています。 IQOSでは、ホルダーに内蔵されたブレードにスティックを突き刺して内部から加熱する方式を採用しています。一方、gloで使われているのは本体の穴にスティックを入れて周辺から熱を与えるという周辺加熱式です。なお、2019年1月に発売が開始されたJTのPloom Sでも、gloと同じ周辺加熱式が採用されています。

加熱式タバコ「glo」の特徴

グローを利用するためには「gloスターターキット」と専用のタバコスティック「ネオスティック」を用意する必要があります。「gloスターターキット」に含まれているのは、glo本体とACアダプター、USBケーブル、クリーニング用スティックの4点です。「ネオスティック」については「ケント」の銘柄から10種類、後発の「ネオ」の銘柄から8種類のフレーバーが発売されています。

合計18種類というバリエーションの豊かさは加熱式タバコとしては最多で、特にメンソールについてはこのうちの14種類を占めています。また、スティック内に仕込まれたカプセルを潰してさらに強烈な清涼感が得られる「カプセルメンソール」が楽しめるのも特徴で、現在このカプセル機能を有する加熱式タバコのスティックはgloとULZEのみです。このように、フレーバーの種類が多いということがgloの大きな強みとなっています。それでは、ここから加熱式タバコgloの特徴について解説していきます。

1.本体バッテリー一体型

gloは本体とバッテリーが一体になっており、Ale製品のようなスタイリッシュなデザインが特徴的です。従来のIQOSの場合、1本吸うたびにバッテリーケースにホルダーを差し込んで充電を行う必要があります。一方、gloではバッテリーそのものが本体を兼ねているので、1度充電すれば20~30本ほど連続で吸うことが可能です。スティックの加熱が完了するまでには約40秒かかり、その後約3分半にわたって吸い続けられます。ちなみに、フィリップモリスからはホルダーとバッテリーが一体となった新型のIQOS3 MULTIが発売されています。このことから、加熱式タバコの分野でも一体型のニーズが高まってきているということがわかるでしょう。

2.ライトなタバコ感

加熱式タバコは製品によってタバコ感に差があり、もっともタバコ感が強いのがIQOSでもっとも弱いのがPloom TECH、そしてgloはその中間にあたるといわれています。これは、加熱方式と加熱温度の違いによる差だといえます。 IQOSでは熱が伝わりやすいように内部からタバコ葉を加熱しており、温度も300~350度と加熱式タバコの中ではもっとも高温です。gloの場合は周辺から約240度でスティックを加熱しており、タバコ感の強さではIQOSに劣っています。

Ploom TECHはそもそもタバコスティックを使用しておらず、リキッドを加熱する温度も約30度と低温なので、もっともタバコ感の弱い製品となっています。新発売のPloom Sではglo同様の周辺加熱式を採用していますが、加熱温度は約200度と低めの設定です。 ちなみに、紙巻きタバコの燃焼温度は最高で約900度といわれており、これに比べると加熱式タバコの温度設定がいかに低いかということがわかります。タバコ葉を使っているにもかかわらず加熱式タバコであまりタールが発生しないのは、加熱温度を下げることでタールの気化を防いでいるためです。

一方で、タバコ感は強ければ強いほどよいというものではなく、タバコ感が強い製品ほどタバコ特有の臭いはきつくなります。とにかくタバコ感の強さを求めている人はIQOS、なるべく臭いが少ないものが欲しい人はPloom TECHというように、自分の希望に合わせて使う製品を選ぶことが大切です。 紙巻きタバコに比べるとgloのタバコ感は軽く、普段から重いタバコを吸っている人にとっては物足りなく感じられることでしょう。少しでもタバコ感を強めたいのであれば、メンソールフレーバーのネオスティックを使うことをおすすめします。 メンソールには、スロートキックと呼ばれる紙巻きタバコを吸ったときのような強烈な喉ごしを強めるという効果があります。gloのネオスティックでは種類豊富なメンソールが用意されているので、自分好みのフレーバーもみつけやすいでしょう。

3.禁煙にはならない

あくまでもgloは、グリセリンなどを染み込ませたタバコ葉を加熱して、発生した水蒸気からニコチンを摂取するための器具です。紙巻きタバコやIQOSに比べてタバコ感が軽いとはいってもニコチンを摂取することに変わりはなく、紙巻きタバコからgloに移行しても禁煙したことにはなりません。実際、受動喫煙防止に関する法律でも加熱式タバコは規制の対象となっており、どこでも自由に利用できるわけではないのです。ただし、タバコ葉を燃やす際に発生するタールは低減されているため、紙巻きタバコよりも健康に与える悪影響は小さいといえるでしょう。

加熱式タバコと何が違う?VAPEの特徴

VAPEを使用する際は、バッテリーから送る電力を熱に変換し、フレーバーの付けられたリキッドを気化させて蒸気を吸い込みます。VAPEには加熱式タバコとは異なる特徴が備わっており、それらを知ることでVAPEを利用するメリットが理解できるでしょう。この段落では、特に加熱式タバコとの相違点として、減煙・禁煙効果、そしてフレーバーの種類の豊かさに焦点を当てて解説していきます。

世界中のメーカーが数多くのフレーバーを発売しており、例えば、同じミントフレーバーでも数えきれないほどの種類があります。毎日のように新しく開発されているフレーバーの奥深さをみていきましょう。

1.減煙・禁煙効果

リキッドの原料にタバコ葉を使用していないVAPEの蒸気にはタールが含まれていません。依存性のあるニコチンも摂取せずに喫煙の疑似体験ができるため、減煙・禁煙効果が見込めるという特徴があります。実際に、イギリスなどの欧米諸国では禁煙補助具としてVAPEの利用が推奨されています。なお、VAPEのリキッドにはニコチンが含まれているものも存在しますが、日本国内の店舗などでは販売されていません。というのは、日本国内におけるニコチン入りリキッドの製造・販売・譲渡は法律によって禁じられているためです。 個人輸入という形であれば自分のみが使用するという条件で海外から取り寄せることもできますが、自分の意志で入手しようとしない限り、ニコチン入りリキッドを使うことにはなりません。ニコチン入りリキッドが手に入りづらいという日本の環境は、禁煙したい人にとってはありがたく感じられるはずです。初めからまったくニコチンの入っていないリキッドを使うのが辛いと感じる人は、ニコチン濃度の薄いリキッドから始めて徐々に0に近付けていくとよいでしょう。また、紙巻きタバコとVAPEを併用しながら、紙巻きタバコの本数を少しずつ減らしていく方法も効果的です。

2.豊富なフレーバー

加熱式タバコの中ではフレーバーがもっとも多いgloの場合、2019年3月の時点で18種類のネオスティックが販売されています。一方、VAPEのリキッドは年々増え続けており、国内外の商品を合わせれば無数のフレーバーがあるといっても過言ではありません。例えば、国内のVAPE専門店vae studioの店頭には250種類以上のリキッドが並んでいます。フレーバーのタイプも幅広く、定番のタバコ系やメンソール系、甘いスイーツ系、ジューシーなフルーツ系など、豊富なラインナップの中から好きなものを選ぶことができるのです。 特に、オリジナリティと品質の高さに定評のある国産メーカー「BI-SO」からは変わり種のフレーバーが数多く発売されています。「肉野菜炒め」や「イタリアン・ピザ」、「ストロベリーチーズケーキ」など、紙巻きタバコの味に慣れている人であれば新鮮な感覚が味わえること請け合いです。タバコ葉のふくよかな香りを忠実に再現したフレーバーなどもあるので、なるべく紙巻きタバコに近い味を求めている人のニーズにもこたえてくれます。

VAPEの健康面への影響は?

VAPEを使うことで、タバコ葉由来のタールやニコチンを摂取して健康被害を受ける心配はありません。ニコチンに関しては含有されているリキッドもありますが、海外から個人輸入しない限りはすべてのリキッドがニコチンフリーです。 また、VAPEのリキッドの主成分はPG(プロピレングリコール)とVG(植物性グリセリン)です。蒸気の量や味は両者の配合比率によって変わり、PGが多いほどフレーバーの味が強調され、VGが多いほど蒸気の量が多くなります。

PGは、食品や化粧品など、あらゆる身近な日用品に使われています。VGについても古くから医薬品のベースなどに使われてきた人体に無害な成分であり、リキッドの成分によって健康被害を受けることはないと考えられるでしょう。 ただし、厚生労働省は電子タバコの健康面への影響について、現時点では判断できないとの見解を示しています。 平成28年9月時点の公式の声明から引用すると「電子たばこの使用と疾病の関連性に関する科学的証拠が入手できるまでには時間を要し、電子たばこへの曝露と疾病および死亡リスクとの関連について現時点では明らかでない」とのことです。

VAPEのおすすめスターターキット

フレーバー同様、VAPEのデバイスにはさまざまな種類があります。デバイスのタイプはリキッド式とカートリッジ式、使い捨て式の3つに大きく分けることができ、リキッド式はさらにボックス型やペン型といったように分類できます。自分でリキッドを補充しながら使うタイプのリキッド式のメリットは、他のタイプよりも性能が高いうえに長く愛用できるということです。一方、使い捨て式はリキッドが切れたら本体ごと交換する手軽さが強みで、カートリッジ式はそれぞれの長所を併せ持ったタイプだといえます。デバイスの種類が多い分、慣れていない人にとってはどれを選べばよいのかわからなくなる場合もあるでしょう。そこで、ここからは数あるデバイスの中から特に初心者におすすめできるVAPEスターターキットをいくつか紹介していきます。

1.VAORESSO SKY SOLO(スカイソロ)スターターキット

「VAORESSO SKY SOLO(スカイソロ)スターターキット」はリキッド式のペン型VAPEです。本体価格は3000円台と手頃な値段でありながら、パフォーマンスと品質の高さには定評があります。 アトマイザーとバッテリーが一体化したオールインワンタイプとなっており、リキッドを上から注入できるトップフィル方式を採用しているので初心者の入門キットには最適です。 また、抵抗値0.18ΩのGTメッシュコイルがセットアップされており、爆煙を好む上級者の2台目としても優秀なキットだといえるでしょう。 なお、抵抗値が1Ω以下のコイルのことをサブオームといい、小さい電圧で大きな電力をかけることができるのでバッテリーが長持ちするというメリットがあります。 ただし、爆煙仕様にするということは当然リキッドの消費量も多くなるという点には注意が必要です。

2.Eleaf (イーリーフ) iStick Amnis スターターキット

「Eleaf (イーリーフ) iStick Amnis スターターキット」は表面がラバーペイントでコーティングされており、なめらかでスムーズな手触りが特徴的なデバイスです。 Eleaf製品の中でも特にコンパクトに設計されたボディは持ちやすく、グリーンやシルバーなど、6色のカラーバリエーションが用意されています。 新開発のGS Air M(メッシュ)コイルに対応しているため、出力を低く抑えながらも多量の蒸気と濃厚な味わいが楽しめるでしょう。 付属のGS Driveアトマイザーではボタンを押し込んで簡単にリキッドが充填できるトップフィル方式が採用されており、初心者にも扱いやすい設計となっています。 そして、バッテリーの残量は本体の下部に点灯する4色のLEDライトでわかりやすく表示されるので、充電のタイミングを逃す心配もありません。

3.STLTH (ステルス) スターターキット

カートリッジ式の中でも、欧米で人気が急上昇している新しいスタイルのVAPEがPOD型です。 POD型では、コイルとリキッドが一体化したPODと呼ばれるカートリッジを取り換えながら使用するので、リキッドの補充やコイルの交換などの面倒なメンテナンスが必要ありません。 PODは1度取り付けたら使い切るまで外せないというものではなく、利用するたびに別のPODに付け替えることも可能です。つまり、複数のフレーバーのPODを持ち歩き、そのときの気分に合わせて使い分けることもできます。 「STLTH (ステルス) スターターキット」は、北欧風のシンプルなデザインと使いやすさで人気を集めているPOD型VAPEです。 吸うだけで電源がオンになる「オートパフスイッチ」機能が付いているので操作も簡単で、フレーバーは人気の高い4種類の中から選ぶことができます。

決められたメーカーが開発している加熱式タバコのスティックやカプセルとは異なり、VAPEのリキッドは国内外のメーカーから無数に発売されています。 中でも中国製のリキッドが多く流通していますが、ネットショップなどで購入すると偽物や粗悪品をつかまされてしまう場合もあるでしょう。 また、VAPE専門店ではない量販店では、古いモデルを発売当初以上に高い値段で販売しているようなことがあります。こうしたトラブルに巻き込まれないためにも、リキッドは信頼できるルートから購入することが大切だといえます。

vape studioとは

商品の種類の多さゆえに、VAPEのリキッドは加熱式タバコのスティックよりも慎重に購入場所を選ぶ必要があります。そこで、信頼できるルートとしておすすめなのがvape studioです。 vape studioは日本最大級のVAPE専門店であり、2019年5月現在、都内を中心に14店舗を構えています。品ぞろえも豊富でVAPEに詳しいスタッフがアドバイスしてくれるので、VAPEを吸ったことのない初心者から上級者まで幅広く満足できる場所だといえるでしょう。

vape studioの魅力

ここからは、具体的にvape studioにはどのような魅力があるのかについて紹介していきます。なお、ここでは加熱式タバコとの主な相違点である「フレーバーの種類の多さ」と、VAPE初心者でも安心できる「信頼性の高さ」に焦点を当てて説明しています。

1.商品のラインナップが豊富

vape studioには豊富なラインナップの商品がそろっており、約250種類のリキッドと約50種類のスターターキットが店頭に並んでいます。 初心者向けのものからマニアックなものまで、顧客の幅広いニーズに対応できるラインナップとなっていて、国産品に加えて、アメリカやカナダ、マレーシアなど、世界各国の商品が販売されています。 vape studioオリジナルの商品もあり、VAPEの特徴である豊富なフレーバーを楽しめるということがvape studioの大きな魅力だといえるでしょう。

2.全ての商品が無料体験可能

初心者であれば特に、ネットショップなどで商品説明を読んだだけではどのような味なのか想像がつかず、購入に踏み切れないというケースも多いでしょう。 しかし、vape studioでは全てのリキッドが無料で試せるため、実際に味を確かめて納得したうえで商品を購入できます。フレーバーの種類が多いVAPEだからこそ、顧客にとってはうれしいサービスだといえるでしょう。 また、新商品を含む全ての商品が無料体験可能なので、VAPEに詳しい上級者でも十分楽しめます。

3.VAPEのプロによる対応

vape studioのスタッフは一人ひとりがVAPEの専門家であり、初心者でもわかりやすいようにフォローしてくれます。VAPEはデバイスごとに使い方が異なるため、その場で質問できるスタッフが常駐しているのは心強いといえるでしょう。

4.アフターサポートも充実

vape studioでは、顧客が購入した商品に不良がみつかった場合は保証対応を行っています。また、デバイスの調子が悪い、使い方がわからないといった場合でも、店舗まで行けばスタッフが商品を手に取りながらしっかりとサポートしてくれます。 家が遠いので店まで行けないという人はフリーコールを利用するとよいでしょう。

vape studioの実店舗がある場所は?

vape studioの実店舗は関東に集中しており、東京に12店舗、神奈川と埼玉に1店舗ずつあります。23~24時と夜遅くまで営業している店舗が多く、駅からのアクセスもよいので仕事帰りにも立ち寄りやすいでしょう。

vape studioで電子タバコに挑戦しよう!

加熱式タバコがタバコ葉を使用してニコチンを摂取するための器具である一方、VAPEにはタバコ葉由来のタールやニコチンが含まれていません。減煙や禁煙に挑戦したいと思っている人には、加熱式タバコよりもVAPEがおすすめだといえます。VAPEであれば豊富な種類のフレーバーを楽しむこともできます。まずは初心者でも利用しやすいvape studioに足を運んでみるとよいでしょう。