【速報】JT、新型「プルームテック」2機種Ploom S(プルーム・エス)、Ploom TECH +(プルーム・テック・プラス)の詳細を発表!

vape_060

3月に発売か?と噂されていました新型Ploom TECH(プルームテック)の発売情報がJTの公式サイトから発表されました。1月16日の夜からJTのプルームテック公式サイトのメンテナンスが行われており、 メンテナンス終了予定時刻の11:00にサイトが公開され、新型プルームテックのPloom S(プルーム・エス)とPloom TECH +(プルーム・テック・プラス)の詳細がWEBサイト上で明らかにされております。
1月25日から予約を受け付け、1月29日に発売予定とのこと。購入方法は、予約での店頭お受け取りもしくはPloomオンラインショップでの販売となるようです。
価格はそれぞれ、Ploom S(プルーム・エス)が7,980円(税込)、Ploom TECH +(プルーム・テック・プラス)が4,980円(税込)とのことです。
(使用している写真は全てhttps://www.ploom.jp/)

美味しさを追求した、JT初の「高温加熱型」製品、 Ploom S(プルーム・エス)

JT初の高温加熱式タバコで、たばこスティックを使用するPloom S(プルーム・エス)のスターターキットの内容は以下の通り。

クリーニングブラシの形状が気になりますね。
公式サイトにお手入れ方法がイラスト付きで掲載されており、クリーニングブラシがスティックの差込口からデバイスの下部まで貫通しています。 このイラストから推測すると、Ploom Sの加熱方式はiQOSのような加熱ブレード(ピン)ではなく、gloと同じスティックを外側から加熱する方式になると思われます。

下部のクリーニング蓋をあけてブラシで掃除する方法はgloと同じですね。

1回の使用でどの位吸えるのか?満充電で何本吸えるのか?

公式サイトで紹介されている情報によると、1回の加熱で約3分30秒または14パフ使用できて、残り30秒または2パフのタイミングでバイブのお知らせがあるようです。 iQOSは6分間加熱されるので、かなり短い設定になっています。ゆっくり一服していたら加熱が終わってしまう可能性があるので注意した方が良さそうです。

連続喫煙が可能で喫煙本数は10本、iQOS3 MULTI PlusやiBuddy Seと同等のスペックですね。1日10本以上吸われる方は、2台持ちまたは使用していない時に充電をしておく必要があるでしょう。

使用するたばこスティックの種類は?

スターターキットと同時に発売されるたばこスティックは、プルーム・エス専用で3種類。iQOSよりも20円安い税込み480円で、当然ながらMEVIUS(メビウス)ブランドです。
フレーバーはレギュラーが1種とメンソール系が2種で、今後どのようなフレーバーが追加されるか楽しみですね。

iQOSたばこスティックとPloom Sたばこスティックとの互換性は?

iQOSとPloom Sのたばこスティックの互換性は現段階では不明です。
スティックの直径や製法、成分によって使用できるか検証する必要があると思いますが、喫煙者にとっては気になるところだと思います。この疑問については発売後に検証してご報告していきたいと思います。

Ploom Sのターゲットは女性?

今回の発表と同時に今後発売予定のラインナップの掲載もありました。女性向きのパステルカラーのデバイスが数多く用意されており、女性ユーザーの取り込みに力を入れているようにも見えます。
今後は様々なメーカーから互換機やアクセサリーなども発表されていくと思いますので、それらの商品展開も楽しみですね。

iQOSやPloomTECHが吸える話題のデバイスはこちら >

続いてPloom TECH+のご紹介です。

進化したPloom TECH、吸いごたえが+(プラス)、それがPloom TECH+

今までのPloom TECHの吸い応えを強化したPloom TECH+(プルーム・テック・プラス)、いったい何が変わったのでしょうか?
まずスターターキットの内容は以下の通りです。

どこがプラスになったのか?

吸いごたえが+(プラス)パワフルな吸いごたえ。進化した楽しみ方。と謳っていますが、いったいどこが+(プラス)なのか気になります。
公式サイトによると、+(プラス)の理由は2つありました。

①たばこ葉量が+(プラス)

プルーム・テックと比較して、たばこカプセルに含まれるたばこ葉量を増量することで吸いごたえがアップされていました。

②ベイパー量が+(プラス)

プルーム・テックと比較して、ヒーター出力を上げることで、発生するミスト量を増量。吸いごたえがアップされました。 ミストを発生させるデバイスの構造自体も今までのPloom TECHから大きく変わったようです。

Ploom TECH+(プルーム・テック・プラス)の構造は?

見た目はオールインワンのVAPEのようですが、リキッドを補充するタイプではなくリキッド入りのカートリッジを使用するタイプです。Myblu(マイブルー)のようなPOD(ポッド)タイプのVAPEの仕様に似ています。

使用方法は以下の通り。

電源のオン/オフを行う必要はありますが、吸う際はオートパフ仕様(吸い込むと自動でミストが発生)で、たばこカプセル1個で50パフ使用できます。
たばこカプセルは当然Ploom TECH+専用で、従来のPloom TECH同様にカートリッジ1個とカプセル5個がセットになって販売されます。
価格は500円なので、今までのカプセルよりも20円ほど高い価格設定です。

今回JTから発表されたタイプの異なる2商品は、注目される喫煙環境にも大きな変化や影響を与えてくれるかもしれません。
また、加熱式タバコの他にもVAPEといったニコチンもタールも含まれない電子タバコも注目されておりますので、ご自身の喫煙環境をライフスタイルに合わせて変えてみて良いかもしれません。

ニコチン、タールを含まない電子タバコはこちら >

Ploom S(プルーム・エス)、Ploom TECH +(プルーム・テック・プラス)の製品概要

「プルーム・テック・プラス」スターターキット

本体バッテリーと充電機器等を内包するスターターキット。
Ploom オンラインショップ及び全国 Ploom 専門店にて販売。

[加熱型] 低温加熱型(約 40℃*1)
[価格] 4,980 円(税込)
[発売日] 2019 年 1 月 29 日(火)
 2019 年 1 月 25 日(金)より、Ploom ブランドサイト内の専用ページにて Ploom 専門店での購入予約を開始
[内容物] バッテリー、カートリッジカバー+カプセルホルダー、AC アダプター、マイクロ USB ケーブル
[カラー] 黒・白の定番カラー2 色*2

*1:使用時のたばこカプセル内の温度が約 40℃です。
*2:今後、新たなカラーバリエーションも販売予定

「プルーム・エス」スターターキット

本体デバイスと充電機器等を内包するスターターキット。
Ploom オンラインショップ及び全国 Ploom 専門店にて販売。

[加熱型] 高温加熱型(約 200℃*1)
[価格] 7,980 円(税込)
[発売日] 2019 年 1 月 29 日(火)
 2019 年 1 月 25 日(金)より、Ploom ブランドサイト内の専用ページにて Ploom 専門店での購入予約を開始
[内容物] デバイス、AC アダプター、マイクロ USB ケーブル、クリーニングブラシ
[カラー] 黒・白の定番カラー2 色、及び"NUANCE OF LIFE"をコンセプトにしたカラーバリエーション 6 色*2

*1:使用時のたばこスティック内の温度が約 200℃です。
*2:1 月 29 日時点では、「SUPPLE CLAY」と「UNIQUE AMBER」の 2 色を販売