電子タバコ情報コラム

アメリカ製の電子タバコリキッドの魅力

世界のベイプ事情
シェアする

vape_016

海外製の電子タバコリキッドの魅力

電子タバコは健康被害を抑えながら喫煙を楽しむことができる、新たなタバコといえるものです。しかし電子タバコは単に喫煙を楽しむだけではありません。多くの人が挫折してしまう禁煙を手軽にしてくれるものでもあるのです。

まず電子タバコはリキッドを加熱し、発生した水蒸気を吸い込みます。ちょうどタバコの煙を吸うのと同様です。つまりタバコと近い形で喫煙を楽しめるということです。それでいて電子タバコにはタバコ葉を使用していないので、タバコのようにタールが発生しません。タールは発がん性物質で、肺がんなどを患う危険性を高めてしまいます。タバコを楽しむようにしながらも、健康被害を抑えることができます。

また禁煙が難しい原因はニコチンにあります。ニコチンは強い中毒性を持っている物質で、脳内のレセプターと結合することにより、ドーパミンという快楽物質を分泌させる作用があります。ニコチンによるドーパミンの分泌が少なくなると、さらにニコチンを摂取したくなってしまうため、禁煙に挫折してしまう人が多くなるのです。

ニコチンの中毒性は恐ろしいもので、最近よく耳にする禁煙外来ができるほどです。しかし医学の力をもってしても、禁煙できないことも多々あります。

このようにニコチンの作用で禁煙が難しくなっているにもかかわらず、なぜ電子タバコで禁煙ができるのでしょうか。それは電子タバコのリキッドにニコチン入りのものがあるからです。ニコチンの中毒性によって禁煙が難しくなるのであれば、リキッドからニコチンを摂取すれば、タバコに頼る必要はないということです。

ニコチンパッチなど、タバコ以外からニコチンを摂取する禁煙方法もありますが、そういった方法も長続きしない人が多いものです。しかし前述したように電子タバコは水蒸気による臨場感も得られます。これもまた電子タバコで禁煙することで、タバコに戻ることなく禁煙を続けられる理由の1つです。

ただしニコチン入りのリキッドは、薬事法の関係で日本国内では販売できず、個人的に輸入するしかありません。つまりニコチン入りリキッドは、海外製のものしかないということです。もし禁煙のために電子タバコを利用するのであれば、海外製のリキッドを輸入することをおすすめします。

輸入は難しいと思われるかもしれませんが、電子タバコを取り扱っているネット通販であれば、輸入のサポートをしてくれるので、簡単に電子タバコ本体やニコチン入りリキッドを購入できます。電子タバコを使って、うまく禁煙をしてみてください。

店舗一覧