電子タバコ情報コラム

全米科学アカデミーが電子タバコ・VAPEの公衆衛生上の影響に関する報告書を発表

fda

電子タバコ・VAPEの先進国であるアメリカにおいて、FDAに委託された科学、工学、医学の国立アカデミーによって電子タバコ・VAPEの公衆衛生上の影響に関する報告書が発表された。

FDAのスコット・ゴットリーブ教授(FDA Commissioner Scott Gottlieb, M.D.)は「電子タバコ・VAPEに関する公衆衛生上の様々な問題を国立アカデミーが批評したことに感謝している」と述べ、「この総合的なレポートは、我々の持つ情報に新たな知識を追加するだけではなく、電子タバコ・VAPEによる影響についていくつかの課題を提起してくれた。特に問題となる点は、電子タバコ・VAPEを経験した子供が喫煙者になる可能性が高いかということだ。また喫煙者が電子タバコ・VAPEに完全に切り替えた際に短期間で健康面において改善が見られるかという点だ」とスコット・ゴットリーブ教授は言う。
更に「最終的に、このレポートが子ども達を保護し、タバコが原因となるに死や病気を大幅に減らすための方向性を策定していく中で、電子タバコ・VAPEの公衆衛生上の影響をより深く理解するために更なる研究が必要な分野を特定するのに役立ち、電子タバコ・VAPEのような新しい製品を投入するに当たっては、潜在的な利益を最大化する為に私たちがそれらのリスクを十分に評価し、適切な一連の規定を通過させる必要がある」と言っている。

今日、米国食品医薬品局(FDA)が議会の指示により委託した、全米科学アカデミー(NASEM)から、電子タバコ・VAPEなどによるニコチン摂取の仕組み(ENDS)に関連した短期および長期的な健康影響に対する科学的証拠を評価した独立報告書を発表した。これにより将来の連邦政府が資金を提供する研究ニーズを特定することができる。

NASEMの報告によると、紙巻きたばこから電子タバコ・VAPEへの完全な移行は、紙たばこの喫煙者による複数の有害物質や発癌物質を含む副流煙を減らし、短期での健康被害を減らすという証拠があることが分かった。しかし、この報告書では、電子タバコ・VAPEを使用する若者が紙たばこを吸う可能性があるとも述べている。この報告書は、短期および長期の健康影響、ならびに電子タバコ・VAPEの公衆衛生上の影響については、若者の紙たばこの喫煙に繋がっているか、成人の利用においては単に電子タバコ・VAPEと紙たばこの両方を使うことになっていないか、紙たばこ喫煙者の禁煙を加速されるか等、より多くの研究が必要としている。
NASEMの報告では、ENDS(電子タバコ・VAPEなどによるニコチン摂取の仕組み)や電子タバコ・VAPE製品の幅広い多様性は、公衆衛生への影響やリスクと、電子タバコ・VAPEのバッテリー問題や子供たちがリキッドのニコチンに偶発的にさらされる等といった安全上の懸念があるとしており、FDAは製品の規格やその他規則を通じてこの課題に取り組む意向を発表した。

FDAは、ENDSの影響に関して、特定のたばこ製品の有害性が実際より少なくなるか、また喫煙者の禁煙の助けとなる潜在的ツールになるかどうかを評価するため、NASEMの報告書で特定された多くの分野の研究に対して引き続き投資を行っていく。-具体的には誰がこれらの製品を使用しているのか、どのように使用されているのかということ。
この研究がタバコのニコチンレベルを最小限に抑えることを提案することにより、紙巻たばこの持つ中毒性のあるニコチンを計画的に抑えいき、喫煙者がENDSや電子タバコ・VAPEなどの有害ではない可能性のある製品に完全に移行するのを助けられるようこの研究を奨励していく。

余談ですが、スコット・ゴットリーブFDA長官がアメリカの最大手ニュース専門放送局CNBCのインタビューに応えました。このインタビューでゴットリーブ長官はVAPE等のタバコに代わるより安全なニコチン摂取方法を検討すべきであるとして、VAPEに好意的な態度を示したことを最後に付け加えます。

【FDAの概要】アメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration; FDA)

米国保健福祉省の配下の政府機関であるFDAは、ヒトおよび動物用医薬品、ワクチンおよびヒト用のその他の生物製剤、ならびに医療機器の安全性、有効性、安全性を保証することによって公衆衛生を保護します。当局はまた、米国の食糧供給、化粧品、栄養補助食品、電子線を放出する製品、およびたばこ製品の規制の安全性と安全性を担当しています。

店舗一覧