VAPEの臭いについて

VAPEから臭いはするの?

喫煙スペースの縮小、タバコの値上がり、増税といった話題によって、多くの喫煙者が禁煙に挑戦するようになりました。しかしこれらの理由は喫煙者側の理由であり、非喫煙者が禁煙してほしいと考える理由はほかにもあります。それが臭いです。

タバコからは独特の臭いがします。喫煙者はその臭いに慣れているため、あまり気にならないようですが、非喫煙者からすると非常に気になる臭いになってしまいます。

最近では禁煙をするために電子タバコを利用するという人も増えてきましたが、電子タバコからは臭いがしないのでしょうか。

そもそもタバコから独特な臭いが発生する原因は、タールという物質です。タールはタバコ葉を燃やした時に発生するもので、発癌性や粘着性、強い臭い、黄色い色素を持っています。タールが煙に乗って服や髪に付着することで、嫌な臭いを長時間放ち続けることになります。また喫煙によって歯が黄ばむこともありますが、これもタールの色素によるものです。

さらに非喫煙者はタバコの煙を直に吸い込むことになってしまうため、タールの影響を受けやすくなります。これが副流煙の恐ろしさです。

では電子タバコではどうなのかというと、まず電子タバコではリキッドを使用しますが、タバコ葉は一切使用しません。つまりタールが発生しないのです。そうなると電子タバコからは、タバコ独特の嫌な臭いが発生しないということになりますし、その臭いは服や髪につくこともなくなるということです。

また同時に、周囲の非喫煙者に副流煙の悪影響を与えることもなくなります。そのため電子タバコは喫煙者にも非喫煙者にも優しい喫煙具と言われているのです。

ただし電子タバコから一切の臭いがしないわけではなく、リキッドによっては少し臭いが発生してしまいます。その臭いは決して不快なものではないものの、人によっては好き嫌いが分かれる場合もあり、不快に感じる場合もあるかもしれません。

リキッドには豊富な種類が用意されていますが、リキッドを選ぶ際には、自分の好みだけでなく家族など周囲の人の好みも考えて選びたいところです。

このように臭いを気にすることなく喫煙を楽しめる電子タバコは、喫煙者がタバコの代わりに使うだけでなく、若者がファッションアイテムの1つとして取り入れることも多くなってきました。

電子タバコが喫煙を助長してしまうのではないかという意見もありますが、それは今後の電子タバコの動向次第といえるでしょう。