電子タバコの正しい吸い方とは

紙巻きタバコにとって変わる存在となりつつある電子タバコ。リキッドを加熱することで発生する水蒸気を吸いこむという使い方は、従来の紙巻きタバコに近く、喫煙者も満足できる臨場感となっています。

しかし紙巻きタバコに近い使い方ができる電子タバコですが、紙巻きタバコと同じように使ってもおいしく吸うことができません。電子タバコには電子タバコの正しい吸い方があるのです。

まず一口に電子タバコといっても、大きく分けで2種類あります。それがスイッチ式とセンサー式です。スイッチ式はスイッチを押しながら吸う必要があるのに対し、センサー式はタバコと同様に吸い込むだけで使えます。

どちらが使いやすいかは人によって違うため一概には言えませんが、より紙巻きタバコに近い吸い方をしたいのであれば、センサー式を選ぶとよいでしょう。

またタバコの場合は強く吸うことで多くの煙を吸うことができます。これによって煙を調整できるのです。ところが電子タバコは、吸う強さを変えても水蒸気の量は変わりません。多くの水蒸気を吸いたい場合には、一定の強さで長く吸う必要があります。つまり吸う長さで水蒸気量を調整しなければならないということです。

もし苦しくて長く吸うことができないという場合は、パーツを取り換えることで水蒸気の量を増やすことも可能です。