電子タバコ情報コラム

たばこの値上げでVAPEの需要が急増!電子タバコで禁煙&節煙希望者が続出

節約
シェアする

vape_052

たばこの値上げは喫煙者にとっては切実な問題です。過去に何度となく繰り返されてきた値上げですが、喫煙環境の変化と共に現代の喫煙者の行動にも変化が表れてきたようです。

Contents

  1. 1 たばこの値上げが止まらない!
  2. 2 大手3社の値上げ状況は?
  3. 3 電子タバコで禁煙、節煙を希望する人が続出
  4. 4 電子タバコはこんなに節約になる!
  5. 5 たばこに対する世の中の声、予想通りだった。これは禁煙するしかないな
  6. 6 たばこの値上げ後vape studioの利用者が急増中

1. たばこの値上げが止まらない!

冒頭にある通り、たばこの値上げは過去何度となく繰り返されてきました。例えば、日本たばこ産業(JT)のセブンスターが今回の値上げで500円に値上がりしたのですが、1998年に250円だったことを考えると過去20年にわたり値上げを繰り返し2倍になったということです。世の中の物価や大学生の初任給だってそこまでの上昇はしていないので、たばこがいかに値上げをしてきたかが分かります。

値上げの要因は、増税に大きく関係しております。それはたばこに含まれる税金の割合によるところが大きいのですが、とは言えその上げ幅はあまりにもインパクトが大きいと言えます。

今後2021年まで段階的にたばこの増税(値上げ)が行われることが決まっている状況ですが、喫煙者にとって今回(2018年10月1日)のたばこの値上げ、今後の値上げについてはどの様に映ったのでしょうか?喫煙者の動向については後程ご報告します。

2. 大手3社の値上げ状況は?

たばこ大手3社、フィリップ・モリス・ジャパン、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン、日本たばこ産業(JT)の値上げ状況を、各社の主要タバコ銘柄を例にしてご説明します。

上の表を見ての通り、各社ともしっかりと値上げを実施しています。JTが他の2社に比べて上げ幅が少ないのは、やはりシェア争いを意識しているせいなのでしょうか?
マルボロ(IQOS)については、当初50円の値上げを想定していると噂された際は、増税に便乗した過剰な値上げと一部で非難されていた影響もあるのか、蓋をあけたら想定内の40円値上げで落ち着いたようです。また、加熱式たばこのgloが全体的に安い印象にありますので、今後の加熱式タバコのシェアの変化が気になります。

3. 電子タバコで禁煙、節煙を希望する人が続出

一昔前は [不良=カッコいい]の方程式がありました。不良の代名詞がタバコだったので、カッコいい男にあこがれる若い男性の多くが喫煙をしていました。
昭和50年代の20代男性の喫煙率が80%以上だったのに対し、現在は23%程度で3分の1以下に減少!!
そう、時代が変わったのです。
喫煙者が年々減少してきている背景には上記に挙げた『若者のたばこ離れ』に加え、『健康志向の潮流』、『世の中の嫌煙ムード』が大きく影響しているようです。
たばこによる健康被害は、喫煙者だけじゃなく、周りにいる人にも副流煙として影響があることもあり、『受動喫煙防止条例』や『健康増進法』といった喫煙に対する規制が施行されており、このような流れが一層喫煙者の肩身を狭くしていきました。

そんな流れの中での今回の『たばこの値上げ』です。今までは、値上げを我慢するか、喫煙するかの2択だったのですが、『電子タバコ/VAPE』というたばこの代替えがあることに気付いた喫煙者が一斉に電子タバコ/VAPEに飛びつきVAPEを求める喫煙者が急増したのです。
ニコチン無しのVAPEなら、たばこを吸った気分で禁煙ができる上に、高い禁煙の成功率があるとなれば、悩む必要がありません。イギリス保健省の調査結果でもVAPEが禁煙の有効な手段として認めております。
今回の値上げは、喫煙者にとっては禁煙、節煙を始める一つの大きなきっかけになったのかもしれません。

関連コラム

4. 電子タバコはこんなに節約になる!

たばこの値上げが禁煙に繋がる理由としてもう一つ大きな理由になるのが『お金』の問題ではないでしょうか?今回の値上げが、1箱数十円だと言っても、今後決まっているだけでも2021年まで段階に値上げは続いていくため、長い目で見ると莫大な金額に繋がります。
単純に計算をすると、たばこからVAPEに切り替えることで年間およそ84,000円もの節約につながるとなれば、真剣にVAPEへの乗り換えを検討する人が急増した理由も頷けます。

上記の計算は、1日1箱のたばこを吸う人を例にした、あくまでも目安ではありますが、間違いなく節約につながることは一目瞭然です。

関連コラム

5. たばこに対する世の中の声、予想通りだった。これは禁煙するしかないな

たばこによる健康被害と合わせて気になるのがイヤな臭いです。たばこを吸っている人の口臭、体や髪の毛に付いた嫌ないおいはもちろん、部屋や車の中にまでタバコのイヤな臭いは付いて回ります。中古品の買い取り金額にまでたばこのにおいが影響するとまで言われています。この『におい』や『煙』に対する非喫煙者へのアンケートがあります。

【非喫煙者対象アンケート】紙巻きたばこの「におい」や「煙」に対するあなたの意識として、あてはまるものをお選びください。(1つ選択)

■たばこのにおいや煙が「気になる」「やや気になる」が89.0% n=1,000
たばこのにおいや煙が「気になる」が69.8%、「やや気になる」が19.2%、両方を合わせて非喫煙者全体の約9割が気になっているという結果が出ています。やはり非喫煙者にとって紙巻きたばこの煙は、文字通り煙たい存在になっていることが分かります。
喫煙者自身はなかなか気づかない事が多い『におい問題』、知らないところで嫌がられている現実を知ると、禁煙しようという思いに拍車がかかるのも分かる気がします。

関連コラム

6. たばこの値上げ後vape studioの利用者が急増中

ここまででお伝えしてきたように、たばこの値上げは禁煙や節約への取り組みの大きなきっかけになってきているようです。そんな喫煙者にとって、VAPEはちょうど良い商品だったようで、我々vape studioの店舗やオンラインショップには、たばこの値上げを境にVAPEを求めるご来店者様やVAPEに対するお問合せが連日急増しております。 実際のところ、たばこの値上げによってある程度のニーズの高まりは予想していましたが、ここまでの大きな反響になるとは予想していませんでした。 たばこの値上げは一つのきっかけかも知れませんが、我々vape studioが多くのお客様のVAPEでの禁煙、節煙に少しでも貢献できていることに喜びを感じております。 Vape studioでは、店頭で取扱いの全てのリキッド、デバイスを無料でお試しできます。VAPEに興味を持たれた方は是非お近くのvape studioまで足をお運びください。

関連リンク

・VAPEのメリットとデメリットについて
・加熱式タバコや電子タバコはどこで吸えるの?
・電子タバコはどこで買える?ドン・キホーテなどの量販店や通販での購入方法

店舗一覧