禁煙には電子タバコ(VAPE)がオススメ!タバコをやめられない原因と対策

vape_062

健康意識の向上により、禁煙を試みる方が増えています。肌が綺麗になったり体調がよくなったりと、嬉しい変化もある禁煙ですが、なかなかうまくいかないことも多いですよね。 どうして禁煙がうまくいかないのか、その原因から見ていきましょう。

なぜ、タバコをやめられないのか?

「日本たばこ産業株式会社」の「全国たばこ喫煙者率調査」によると、2018年の喫煙人口(推計値)は1,880万人で、全人口のうち17.9%が喫煙者だとされています。男女に分けると、男性の喫煙者率は27.8%、女性は8.7%で、男性喫煙者が圧倒的に多いようです。
(参考:2018年「全国たばこ喫煙者率調査」、男女計で17.9%
男女共に喫煙者は減少傾向にあり、禁煙を試みる方も多いようですが、長年染み付いた喫煙習慣をやめることは簡単なことではありません。 禁煙はまずは3ヵ月乗り切ることがポイントだとも言われますが、この3ヵ月を我慢できず、禁煙を断念してしまった方も多いはず。まずは、なぜタバコをやめられないのか、その原因を解説します。

1.「ニコチン依存性」が原因

タバコをやめられない第一の原因として、「ニコチンの依存性」があげられます。ニコチンはタバコ葉に含まれる物質で、血管を収縮し血圧を高める作用があります。 タバコを吸うと、ニコチンは数秒で脳に達し、ニコチン受容体と結合してドーパミンという物質を放出します。ドーパミンが放出されると、人は快感を感じたり、やる気を覚えたりします。 「タバコを吸うと落ち着く」、「タバコを吸うと集中できる」というのは、ドーパミンによる効果です。 しかし、数十分もすればこの効果は切れてしまい、「イライラする」、「気が散る」といった「離脱症状(禁断症状)」が現れ、再びタバコを求めてしまうのです。

2.心理的依存

心理的にタバコに依存してしまうことも、禁煙を妨げる原因です。「仕事の後の一服がおいしい」、「苛立ちをタバコでやり過ごした」という経験はありませんか?これはニコチン切れのイライラを喫煙で解消した結果ですが、私たちの体はこれを「喫煙=快感」と記憶してしまいます。 この条件付けは喫煙年数が長いほど強く、一度禁煙した人でもストレスを感じてタバコに手を伸ばしてしまうことも少なくありません。

3.長期の習慣性

心理的にタバコに依存してしまうことも、禁煙を妨げる原因です。「仕事の後の一服がおいしい」、「苛立ちをタバコでやり過ごした」という経験はありませんか?これはニコチン切れのイライラを喫煙で解消した結果ですが、私たちの体はこれを「喫煙=快感」と記憶してしまいます。 この条件付けは喫煙年数が長いほど強く、一度禁煙した人でもストレスを感じてタバコに手を伸ばしてしまうことも少なくありません。

禁煙するとどんな変化が起こる?

禁煙をすると、「イライラする」「だるい」などの「離脱症状(禁断症状)」が現れます。これは、喫煙によって脳のニコチン受容体が増加し、ニコチンの欠如に細胞が過剰に反応してしまうことが原因で起こります。増加したニコチン受容体は3か月ほどで元に戻り、離脱症状(禁断症状)もその頃には落ち着きます。「禁煙は最初の3か月間がポイント」と言われるのはこのためです。3か月の間、体にはどのような変化が現れるのでしょうか。実際に起こり得る離脱症状(禁断症状)と共に見てみましょう。

1.第一関門:1日目~3日目

タバコ吸いたい度:★★★★★

禁煙を始めると、6時間程度で離脱症状(禁断症状)が現れ、禁煙3日目が症状のピークになるとされています。全身がだるく眠気がして集中力が落ち、人によっては頭痛がしたり眠れなくなったりといった症状も現れます。 「眠気覚ましに1本だけ…」と手を出してしまうと、同じことの繰り返し。10分程度昼寝をしたり、軽く体を動かしたりして、眠気をやり過ごしましょう。

2.第二関門.1週間~4週間

タバコ吸いたい度:★★★

禁煙後1週間から4週間程で身体機能に変化が現れます。心機能や肺機能が回復し、灰の中の痰が排出され始めます。この頃には、眠気やイライラなどは落ち着きますが、タバコを吸いたい気持ちは強く現れます。食事の後は歯を磨く、規則正しい生活を心掛け、カフェイン系の飲み物を避けるなど、離脱症状(禁断症状)の対処をしっかりとして、この期間を乗り切りましょう。

3.第三関門.1ヵ月~3ヵ月

タバコ吸いたい度:

3ヵ月が経つと離脱症状(禁断症状)も落ち着き、タバコを吸いたい気持ちも薄まります。咳や息切れ、疲れやすさも改善され、タバコの無い生活にも慣れてくるでしょう。 ここでも、「一本くらいなら…」という油断は禁物。ストレスを感じることがあっても、散歩をしたり深呼吸をして気持ちを切り替えましょう。お酒の席でついつい手が伸びそうになった時には、タバコの代わりにVAPEを吸うと気が紛れますよ。

禁煙する方法

ニコチンには強い依存性があるため、自分ひとりでは禁煙が続かないこともあるでしょう。うまくいかない場合には、自力で我慢する以外にも方法はあります。自分に合った方法で、無理なく禁煙に挑みましょう。

1.禁煙外来に通院する

病院のサポートを受けながらタバコを絶つのも一つの方法です。禁煙外来では、医師がニコチン依存度をチェックし、禁煙補助薬の処方やカウンセリングを通して禁煙をサポートしてくれます。長期で通院するとなると出費がかさみそうですが、ニコチン依存症が病気だとみなされてから、禁煙治療にも保険が適用されるようにもなりました。 (条件あり)※自力で禁煙が難しいという方は、一度禁煙外来で相談してみるのも良いでしょう。

2.禁煙補助薬を使用する

禁煙補助薬は、ドラッグストアでも購入することができます。フレーバーが付いたパイポを咥えることで口寂しさを紛らわす禁煙パイポや、ニコチンのみを摂取して離脱症状(禁断症状)を和らげながら禁煙を補助する、ニコチンガム・ニコチンパッチなどが販売されています。

3.自力で我慢する

自力で禁煙する時は、離脱症状(禁断症状)に対する対処法をしっかりと用意しておきましょう。まず事前準備として、タバコとの繋がりをきっぱり絶つことが大切です。タバコはもちろん、ライターなどの喫煙具を全て処分し、コーヒーやお酒など、ついついタバコが欲しくなってしまうものとは距離を置きましょう。食後すぐに歯磨きをすることもおすすめです。イライラしたり眠気を感じた時は、軽い運動をしたり、ノンシュガーのガムを噛むなどして離脱症状(禁断症状)を抑えましょう。

4.VAPE(電子タバコ)を使用する

タバコの代わりにVAPE(電子タバコ)を用いることで、禁煙の手助けになることもあります。 VAPEとは、フレーバー付きのグリセリン(リキッド)を水蒸気化させて煙を楽しむ電子タバコのことです。元々は流行に敏感な若者から人気を集めていましたが、ニコチン・タールフリーで煙を楽しむことができる点で、禁煙補助アイテムとしても注目されています。特に喫煙習慣が抜けずに困っている方は、VAPEをタバコ代わりに使用することで、口寂しさを紛らわすことができます。 自分に合った方法で、無理なくタバコとお別れしましょう!

禁煙にオススメのVAPE(タバコ依存レベル別)

VAPEを禁煙補助アイテムとして考えている方へ、禁煙にオススメのVAPEをタバコ依存レベルごとにご紹介します。ご自身の依存度に合わせて、適した商品を探してみてくださいね。気になった商品は、お近くのVAPE STUDIO店舗でお試しいただけますよ。

依存レベル:★BI-SO choistick(チョイスティック)

眠気やイライラは強くないものの口寂しさが抜けない、という方にはBI-SO choistickがオススメです。カートリッジ交換式の軽量・小型デバイスで、持ち運びに便利。 吸うだけで水蒸気が発生するオートパフ機能搭載で操作も簡単です。煙量は控えめで、吸う場所を選びません。 この商品を見る

依存レベル:★★STLTH(ステルス)

「choistickだと物足りない!」という方には、STLTHがオススメです。リキッドが充填されたポッドを取り換えて使用するポッド式VAPEで、choistickよりもやや煙量が多く、重い吸い心地です。 スムースなデザインがオシャレで、女性の手にもよく馴染みます。 この商品を見る

依存レベル:★★★Eleaf iStick Amnis

タバコを吸った時の刺激が欲しい、という方は、煙がしっかり出るデバイスがオススメです。とはいえ、操作が複雑なものやサイズが大きすぎるものだと、扱いきれず続かないことも。 Eleaf iStick Amnisは、ボタン一つで使用可能。片手に収まるサイズ感で扱いやすく、煙量も十分です。 この商品を見る

依存レベル:★★★★VAPORESSO Veco One(ベコ ワン)

禁煙を始めて間もないという方は、VAPORESSO Veco Oneをお試し下さい。Eleaf iStick Amnisよりも更に煙量が多く、味の再現度の高いデバイスです。 タバコフレーバーやメンソールフレーバーのリキッドを使用すれば、強い刺激を感じることができます。タバコを吸いたくなった時に活用して、離脱症状(禁断症状)に対処しましょう。 この商品を見る

依存レベル:★★★★★Eleaf iStick Pico 75W

タール値の高いタバコを喫煙している方は、タバコへの依存度が強いことが多いです。そんな方には、煙量の多いデバイスがオススメです。 メンソールリキッドなど、刺激のあるリキッドを使用すれば、タバコに近い吸い心地を味わうことができます。 Eleaf iStick Pico Xは、発売以降変わらない人気を誇る「爆煙タイプ」のデバイスです。タバコの代わりに使用して、まずは一日に吸う本数を減らすことから始めてみましょう。 この商品を見る

禁煙にオススメのリキッド3選

最後に、禁煙にオススメのVAPEリキッドをご紹介します。刺激のあるリキッドや、吸い応えのあるリキッドを選ぶことが、VAPEを禁煙補助として活用する際のポイントです。 もちろん、自分の好みの味かどうかも重要なポイント。リキッドを選ぶ際は、店舗で試してから購入しましょう。

Pure Menthol 白霞-HAKKA- (はっか) 中辛

VAPEユーザーの声を元に開発されたピュアメンソールリキッドで、甘みを抑えた強い爽快感が人気です。タバコ独特の喉への刺激が欲しい方にうってつけのリキッドです。 刺激の強さごとに甘口、中辛、辛口の3種類に分かれているので、ご自身のお好みに合わせて選ぶことができます。 この商品を見る

BLACKWOOD デューク

タバコの風味が欲しいという方は、BLACKWOOD デュークをお試し下さい。タバコ葉の香りにスパイスの香りをブレンドさせた、ウッディで大人なフレーバーが、まるでタバコを吸っているかのような味わい。 よりライトな風味がお好みであれば、BLACKWOOD ブラックダイヤモンドもオススメです。 この商品を見る

TOS JUICE スピリットライチ

甘味のあるメンソールタバコを吸われていた方には、フルーツメンソールリキッドがオススメです。 TOS JUICE スピリットライチは、ジューシーなライチの風味をしっかりと再現したメンソールリキッド。爽やかな甘さとメンソールの刺激で、男女問わず人気です。 この商品を見る

VAPEで禁煙を考えられている方は、ぜひ一度VAPE STUDIO店舗スタッフへご相談ください。知識豊富なスタッフが、みなさんに合った商品をご紹介致します。さらに、店舗では全商品のお試しと、商品ご購入後のメンテナンスを無料で行っております。VAPEデビューは、安心サポートのVAPE STUDIOで!