電子タバコ情報コラム

リキッド式の電子タバコは種類が豊富で味がうまい

vape_009

電子タバコは新たなタバコの形として、喫煙者をはじめ幅広い人から注目を集めています。まず電子タバコは紙巻きタバコのような有害物質が発生しにくいというメリットがあります。つまり喫煙によって癌になるといった危険性を抑えることができます。

また紙巻きタバコにおいて問題となっている副流煙ですが、電子タバコからは煙が発生しませんし、副流煙の問題となる有害物質も含まれていないため、非喫煙者にも優しいのです。

本体は様々なパーツで構成されており、カスタマイズ性の高さから、ファッションアイテムとして取り入れられることも多くなっています。カスタマイズ性が高いといっても、スターターキットなどの初心者向けのセットも用意されているので、初心者でも安心です。

このように紙巻きタバコのデメリットをうまく改善している電子タバコですが、他にもメリットがあります。

まずは味の種類が豊富だということです。電子タバコに使用するリキッドには数多くの種類があります。たとえばフルーツ系のフレーバー。レモンやオレンジなどの爽やかな柑橘系フレーバーや、チェリーなどの甘いフレーバーもあります。

またチョコレートなどのスイーツ系フレーバーもあり、女性にも使いやすくなっています。

さらにミントフレーバーにはメンソールが含まれており、紙巻きタバコと近い吸い心地を楽しめますし、タバコフレーバーもあるので、紙巻きタバコに慣れた喫煙者でも満足感が得られるでしょう。

リキッドを使い分ければ様々な味が楽しめるので、いくつかのリキッドを用意しておいて、気分に合わせてリキッドを選ぶのも楽しいのではないでしょうか。

そしてこれらのリキッドはただ種類が豊富なだけでなく、おいしいというのもポイントです。もちろん好みにもよりますが、種類が豊富であるため、お気に入りのフレーバーがいくつかは見つかるはずです。

またリキッドにはニコチンを含むものもあります。電子タバコで禁煙を目指す場合には、うまく利用したいアイテムです。最初はニコチン入りのリキッドを使い、徐々にニコチンを含まないリキッドに変えていくことで、禁煙に成功する人が多くなっています。

全てのフレーバーにニコチン入りのものが用意されているわけではありませんが、無味のニコチン入りリキッドがあるので、お気に入りのリキッドにニコチン入りリキッドを混ぜて、自分だけのニコチン入りリキッドを作ることもできます。

このように電子タバコは楽しみ方は幅広く、禁煙のサポートにもなるため、今後さらに注目されていくのではないかと思います。

店舗一覧