洗練された電子タバコVAPEは水タバコの性質を持つ

vape_006

水タバコとしての楽しみもある電子タバコVAPE

最近多くの喫煙者がタバコから電子タバコに乗り換えています。それほど最近の電子タバコは、紙巻きタバコに近い吸い心地を実現しているということです。

しかし電子タバコと紙巻きタバコは似た形をしていますが、電子タバコは水蒸気を吸うのに対して、紙巻きタバコは煙を吸うため根本的な違いがあります。それゆえに一部の喫煙者には満足感が得られないという意見を持つ人もいます。

ところが電子タバコの魅力は紙巻きタバコの代わりになるばかりではありません。実は水タバコの性質も持っています。

水タバコとはイスラム圏で使われている喫煙具で、フレーバーの付いたタバコ葉を使用します。紙巻きタバコは煙を直接吸うのに対して、水タバコは煙を一度水に通して吸うという違いがあります。またタバコ葉自体にフレーバーが付いているので、様々なフレーバーを楽しみたい時にも使われます。

水タバコを趣味としている人はいるものの、日本ではあまり普及しておらず、器具を手に入れることも簡単ではありません。

このように水タバコを試したいという人にも電子タバコはおすすめです。電子タバコはフレーバーの付いたリキッドを使用します。また煙ではなく水蒸気を吸うので、水タバコのようなみずみずしさを楽しめます。

また水タバコもタバコ葉を使うため、紙巻きタバコ同様にタールが発生してしまいます。電子タバコであればタールが発生しないため、健康的に使うことができるのです。

それに加えて電子タバコは日本国内でも簡単に手に入れられるので、水タバコに近い体験を手軽にできます。

電子タバコはネット通販や専門店などで購入できます。近くに専門店があれば、実際に電子タバコを試しながら、自分の使いやすい電子タバコを選べますし、もし専門店がない場合でもネット通販で家に居ながら注文できます。

また電子タバコを初めて使う人は、どのように使えばよいのか、どのパーツを揃えればよいのかという部分に頭を悩ませてしまいます。しかし初心者向けモデルの電子タバコや、必要な物が全て揃ったスターターキットなどもあるため、初心者でも心配する必要はありません。

電子タバコは喫煙者が使うものだと思われがちですが、決して喫煙者だけが使うものではなくなっています。非喫煙者でも新たな趣味として電子タバコを始めるのも悪くはありません。むしろタールなどの有害物質による健康被害がない分、タバコを吸い始めるよりも健康的な趣味といえるでしょう。