電子タバコ情報コラム

電子タバコのベイプは煙量の調節ができる

使い方
シェアする

vape_003

日本には多くの喫煙者がいますが、近年は喫煙者が禁煙を考えるきっかけとなるニュースがたくさんあります。

今までは飲食店でも喫煙席であればタバコが吸えていましたが、今後は全席禁煙が基本となっていきます。またタバコにかかる税金も増税されるとの発表もありました。

さらにこれは昔から問題になっていましたが、副流煙による非喫煙者への悪影響も、再び叫ばれるようになり、喫煙者の多くは改めて禁煙に挑戦しようとしています。

禁煙の方法と言えば、ニコチンパッチによる禁煙があります。しかしこの方法ではなかなか禁煙に結びつかないようです。そこで最近では禁煙外来と呼ばれるものも利用されるようになりました。禁煙外来は病気を治すように、喫煙も治していくものです。

ところが禁煙外来も、副作用が辛かったり、通院しなければならないためコストがかかったりと、メリットばかりではありません。

そんな中で電子タバコベイプが禁煙に役立つと話題になっています。

そもそも喫煙が問題となっている原因のほとんどはタールです。タールはタバコ葉を燃やすことで発生する有害物質で、肺がんや歯が黄色くなる原因となっています。またタバコ独特の嫌な臭いもタールが原因です。

電子タバコベイプはタバコ葉ではなくリキッドを使用します。つまりタールが発生しないのです。そのためタバコが蔑まれる原因のほとんどを解決したことになります。

もちろん有害物質はタールだけでなく、ニコチンも問題です。ニコチンは血管を収縮させる働きがあり、血流に悪影響を及ぼします。さらにニコチンの依存性は恐ろしいほど高く、なかなか禁煙できないのもニコチンが原因です。

ではなぜ電子タバコベイプが禁煙に役立つのでしょうか。

禁煙ができない原因はニコチンです。電子タバコベイプのリキッドにはニコチンが含まれているものもあるため、タールなどをシャットアウトしつつも、ニコチンは摂取できます。もちろんニコチンが含まれていないリキッドもあるので、徐々にニコチンの量を減らしていくことができます。

そして電子タバコベイプは水蒸気が発生することも大きなポイントです。水蒸気が発生することで実際のタバコを吸っている感覚になり、タバコから離れやすくなります。

外国製の電子タバコベイプは水蒸気量をパーツによって調整したり、製品によってはボタンで調整できたりするものもあります。実際のタバコほど水蒸気が多くないため禁煙が続かないということがないのです。

禁煙に電子タバコベイプを使ってみたいけど、満足できるか不安だと感じている方は、安心して電子タバコベイプで禁煙に挑戦してみてください。

店舗一覧