最新『IQOS3』、『IQOS3 MULTI』実機を使って写真図解、徹底解剖!何が進化した?旧IQOS、互換機との比較も!

vape_056

2018年11月15日にフィリップモリスから新発売されたIQOS3とIQOS3 MULTI、以前のコラムで細かな変更点やスペックを紹介しましたが、ついに実機が手に入りましたので、どのような進化を遂げたのか、気になるスペックや使用感など更に詳しくレビューします。また、旧IQOSとIQOS互換機のiBuddyとの比較も行いましたので是非ご参考にして下さい。

以前のコラムはこちら
・新型IQOS『IQOS3』と『IQOS3 MULTI』が登場!ついに連続吸いが可能に!新機能や注意する点は?人気の互換機との徹底比較も!

IQOS3

まずはIQOS3の検証です!
先代のIQOS2.4plusの後継機ということもあり、ケースとホルダーに分かれた仕様となっています。
価格は10,980円(税込)、プルームテックやgloといった競合が値下げ戦略を推進する中、強気な価格設定とも言えます。

スターターキットのカラーは4色展開、限定色や着せ替えキットを除けば以前の2色展開から4色展開に増え選択肢が広がりました。高級感のあるカラー展開です。

さて、さっそく実際に商品を見ていきましょう!
パッケージはシンプルなデザインですね、以前のIQOSはカラフルな鳥の写真が印刷されていましたのでガラッと変わった印象です。
ちなみにIQOS3MULTIも同じパッケージです。

ボックスの上部の帽子のようなスリーブを外すと写真のような形で姿を現します。
蓋側に取扱説明書が付いており、トレイにケースとホルダーが並んでおります。

更にトレイを上げると新たに開発されたクリーニングブラシと濡れ綿棒が出てきます。
クリーニングブラシについてはこの後詳しく説明します!
(ちなみに綿棒は今までの綿棒と同じものでしたので説明は割愛します。)

更にトレイを上げると、充電ケーブルとUSBアダプターが登場!
3段重弁当のような豪華なパッケージです。
今回から充電ケーブルが最新のUSB Type-Cになっております。
microUSBのように一般的に多く出回っていないケーブルなので、スペアケーブルは準備しておいた方が良さそうです!

内容物を全て並べるとこのようになります。

旧型IQOSとの比較の為に並べてみました。
IQOS同士の大きさはそれほど変わりはありませんが、iBuddy iSと比較すると大きさの違いは歴然です!一体型でコンパクトに持ち歩き、連続吸いができる、これこそiBuddyの魅力と言えるでしょう。
ちなみに重さは、実測ベースでIQOS3が127g、IQOS2.4 Plusが119g、iBuddy iSが88gなので、重量でもiBuudyが一枚上手ですね。

ホルダーを持った感じです。大きさは殆ど同じなので、既にIQOSを使っている人には違和感なく使えるでしょう。

ケースを持った感じも殆ど違いはありませんが、IQOS3の方が若干スリムになった分、手になじみやすい印象です。
デザインは流線型でエレガントに生まれ変わったように思います。

次にiBuddyを持った時との比較です。これはもう一目瞭然、並べてみるとiBuddyのコンパクトさが際立ちますね。これで20本以上連続吸いが出来て温度調節も出来るのは嬉しい!

IQOS互換機の最高峰iBuddyの詳しい情報はこちら >

今までは蓋を
ここでIQOS3の進化ポイント!1本吸い終わった後にケースに戻して充電する際、今までは入れる向きを合わせて差し込まないといけなかったのですが、IQOS3はどの向きで挿しても充電ができるようになりました。
その秘密は・・・?

充電端子の接地面に改良が加えられたのです!
写真で見ても分かるように、旧IQOSは端子に切れ目があり向きを合わせないといけなかったのですが、IQOS3は円形に端子が付いているのでどの向きでも充電が可能になりました。
いちいち向きを合わせる必要が無いのはかなりのストレスフリーになるはずです。

他にもエアフロー(空気穴)の向きと数にも変化がありましたが、実際の所これによる効果は未だ検証できておりません。

これは吸い心地や機能面での変更ではないのですが、ドアカバーのパネルが交換できる仕様になっています。
気分やその日のスタイルに合わせて、好きなカラーで楽しめる仕様なので、女性ユーザーやファッションに敏感な人にウケるかもしれません。ユーザーのカスタマイズ心理をくすぐるナイスな仕様だと言えると思います!

ちなみにホルダーのキャップも交換できるので、組み合わせ数は576通りもあるそうです!

充電ケーブルは、今まではmicroUSBでしたが前述した通りUSB Type-Cケーブルになっております。
最近では100円ショップでも購入できるようですので、ストックで1本常備しておいた方が良さそうです。

続いては、新開発のクリーニングブラシです。写真で見ると以前のブラシと比べても全く仕組みや構造が変わったことが分かります。
新しいクリーニングブラシですが、写真では伝わり難いのですが、中央に3枚のゴムヘラのような板がついています。このヘラでブレードに着いたカスをこすり落とすような形でクリーニングします。
ブラシでゴシゴシ掃除するのとは全く異なる掃除方法ですが、驚くほど良く汚れが落ちるのを実感しました!

では、さっそく使ってみましょう。
まずは充電の仕方です。はじめにケースの電源を入れます。ケース上部のボタンを4秒間長押しすると電源が入り、ホルダーの充電が可能になります。

スライドドアの下部を強く推すとホルダーを挿しこむ部分が開きますので、ここにホルダーを挿します。挿しこむ向きは関係ありません!

ホルダー下部には磁石が付いていますので挿しこむとカチッと固定されます。蓋が開いた時に飛び出して落としてしまうという心配もありません!

ケース上部のランプが点滅から点灯に変わったら充電完了!

ちなみに、ケースのバッテリーの残量のチェックは上図のようになっております。

ホルダーを取り出し、たばこスティックを挿し込みます。

だいたい線の辺りまで挿しこむと奥まで挿さった証拠です。

ボタンを長押しするとバイブが1回振動して加熱が始まりLEDランプが点滅します。

その後2回バイブが振動したら準備完了の合図で、吸うことができます。
バイブ機能はIQOS2.4Plusから付いた機能ですが、今となってはiBuddyなどのIQOSの互換機にも付いている当たり前の機能になっています。

吸い方は今までのIQOS同様、そのまま口に咥えて吸います。
実際に吸ってみた感想としては、吸い応えや味は今までのIQOSと変わりはありませんでした。

ちなみにこのあとで出てくるIQOS3 MULTIの方は、若干加熱が弱いのかIQOS3に比べて吸い応えが弱い気がしました。

喫煙終了前30秒の合図も、吸い始め同様にバイブでお知らせされます。

吸い終わった後のたばこスティックの取り外し方は、上部のカバーを上に引き上げ、スティックを抜きます。

カバーを上に上げずにスティックを抜こうとすると、スティックのたばこ葉だけがホルダーに残ってしまい面倒なことになります。これは以前のIQOSから続くお馴染みのやつですね。

クリーニング方法

ホルダーのクリーニング方法です。
新たに開発されたクリーニングブラシが優秀でした!

ホルダーのキャップを外し、ブレードに向かって

挿す!

そしてグリグリグリグリ・・・・
これだけで汚れが驚くほど良く取れます。
かなり考えられて開発されたに違いありません。

IQOS3 MULTI

続いてはIQOS3 MULTIをご紹介します。
IQOS初の連続喫煙ができるデバイスとしてデビューしたIQOS3 MULTI、1回の満充電での喫煙可能本数は10本と少なめですが、そこはやはり連続吸いのメリットを優先してしまいそうな気がします。
では、さっそく詳しく商品を見ていきます。

パッケージはIQOS3と全く同じ仕様で、サイズも同じです。

フタを開けると、、、このような状態です。

2段目にクリーニングキット

3段目に充電関連の付属品

内容物を全て並べるとこのような感じです。

ほぼ同スペックの互換機iBuddy Seとの比較です。
このサイズ感の違いは大きいですね。
重さは実測でIQOS3 MULTIが45g、iBuddy Seが42gと大差はありませんでした。
実際に手に持ったイメージはこの後紹介します。

手に持ったイメージですが、パッと見はスリムで手になじんでいるように見えますが。。。

iQOSの互換機でもコンパクトさを売りにしているiBuddy Seと比べてみるとこの差です。
バイブ機能、連続喫煙本数など、この2つの商品がほぼ同スペックだと考えると、この差は大きいかもしれません。
また、価格もIQOS3 MULTIが8980円(税込)、iBuddy Seが5,378円(税込)でIQOS3 MULTIの割高感が気になります。。。

IQOS互換機の最高峰iBuddyの詳しい情報はこちら >

では、使いかたを見ていきます。
まず最初に目に入るのがスライドキャップです。
iBuddyや他のIQOS互換機でもフタが付いていない機種が多い中、このキャップは非常に嬉しい仕様です。
しかもマグネットでカチッとハマるのが気持ちいい!正直、この部分にお金がかかっているのかな?と思ってしまうほどです。

続いて、蓋をあけた穴にたばこスティックを挿しこみます。

喫煙開始から終了までの流れは以下の通り。
①ボタン長押し4秒で加熱開始、バイブ振動1回
②バイブ振動2回で喫煙開始
③終了前30秒でバイブ振動2回
基本的な動きはIQOS3と同じです。

喫煙が終了したらキャップを上に上げ、てスティックを取り外します。

ここでポイント!スティックを引き抜くと、フタが自動で閉まります!
フタにマグネットが仕込まれていて、自動で閉まる仕組みになっています。
やはりこのフタ、お金がかかっています。。。

す。
クリーニング方法

クリーニングは今までのIQOS同様でキャップを取り外して行います。

ここでも登場、NEWクリーニングブラシ!
何度も言いますが、驚くほど汚れが落ちます。

そういえば、充電の電池残量のチェックは!?と思い色々と見回したら、ありました!底の部分にインジゲーターランプが!
4段階のライトで教えてくれますが、そもそも10本程度しかすえませんので、ここまで細かく刻む必要があったのか?とも思ってしまいますが、ちゃんと電池残量が分かるのは便利ですね。

IQOS3 MULTIもIQOS3同様にUSB Type-Cケーブルでの充電です。
間違ってMicroUSBを無理やり挿したりしないよう気を付けてください!

最後にまとめ

というわけで、新たに発売されたIQOS3とIQOS3 MULTIをご紹介してきました。
今回の大きな目玉となったのは連続吸いが出来るIQOSの発売でしたが、様々な互換機が台頭する中での後発的な登場だっただけに、そこまで目新しい機能という感じではありませんでした。
とは言え、着せ替えができる仕様や、細かな使用感の改善や心遣い機能を見て、フィリップモリスの本気度をうかがい知ることができました。
先日JTの新製品も発表され、今後益々『加熱』していく『加熱式タバコ』市場、もしかしたらgloも秘かに開発を進めているかもしれません。
これからも目が離せませんね。

関連リンク

・新型IQOS『IQOS3』と『IQOS3 MULTI』が登場!ついに連続吸いが可能に!新機能や注意する点は?人気の互換機との徹底比較も!
・IQOSに新製品が登場!その名も『IQOS MESH(アイコスメッシュ)』
・IQOSが吸える!過去最高のアイコス対応互換機との呼び声が高いiBuddy(アイバディー)はなぜ優れている?話題のiBuddyを徹底解