電子タバコがヨーロッパやアメリカで大人気の理由

電子タバコは欧州や米国ではいち早く人気になっております。

欧米の電子タバコ事情

従来のタバコ並に広がる

従来のタバコより割安なためか、近年電子タバコが流行りつつあります。市場急速にひろがっており、2017年までには約100億ドル、その後2047年には従来のタバコ市場を越えてしまうとも言われているようです。
欧米ではネット販売だけではなく実際に専門店にて電子タバコ、電子タバコ関連商品を販売しているところが多く、その関連店舗数も拡大傾向にあります。
英国では従来のタバコを吸う人よりも電子タバコ(VAPE・水蒸気を吸う)人を街で多く見かけるようになりました。

健康への影響

その一方で、世界保健機関(WHO)は若者の健康に多大な影響を与えると報じております。
VAPEの歴史はまだ始まったばかりのため、検査結果などの情報がまだ発展途上であり、不明確な箇所も多少はありますが、既存のタバコと比べた場合でもそこまで危険であるとはかんがえづらいという話も出ているようです。(※弊社は20歳未満の方へ電子タバコを販売しておりません。)
世界各国に於いて、従来のタバコの販売が縮小傾向にあり、海外のタバコ大手メーカーはベイプ市場にどんどん参入をしているようです。
将来のシェアを取り合っているようにも思えるくらいです。

日本国内での動き

国内の話でも、JT(日本たばこ産業)子会社のJTインターナショナルが、2014年6月にイギリス電子タバコブランド「E-LITE」を買収してベイプ市場参入に取り掛かっているようです。
まだまだ日本の市場では、電子タバコの認知度は低いようで、浸透に時間がかかっているようですが、海外、特に欧米などのブームを考えると、
日本で電子タバコが流行ることも遠い未来ではないのかもしれません。

減煙、禁煙、節約に意識が向いている日本人にとっては、電子タバコはピッタリな商品と言えるでしょう。