法律とニコチン入り電子タバコ

個人輸入という方法

自己責任での個人輸入

免税範囲内でお買い物を

現在、日本国内に於いてニコチン入りの電子タバコを使いたい場合は、個人輸入という方法しかありません。(自己責任になってしまいます。)個人輸入で買ったニコチン入り電子タバコは、買った本人に限り自己責任で使用する場合は問題ないですが、販売やほかの人に渡した場合、薬事法に触れてしまいます。

トレードワークスエイシアではリバティーフライツ社の電子タバコを日本在住の個人向けにhttp://e-cigar.uk.com/で販売しております。購入される方ができるだけ不安がないよう、買い付けから発送まで個人輸入のご手配をさせていただております。
個人のお客様が個人で使用する目的で輸入し免税となる限度額は決まっており、16,666円までが免税になります。左記の金額以上ですと、課税の対象となってしまいます。
そのため、トレードワークスエイシアでお買い物する際は送料込みで16,000円未満までの金額でお買い求めいただくことを推奨しています。

日本ではニコチン入り電子タバコやリキッドの輸入量は制限されていますが、(ひと月に使用する量まで)具体的に定められた数字はありません。
リバティーフライツ社の電子タバコリキッドは1本10mm入り(タバコ約7箱分相当)です。ですので、1回でお買い求めいただける目安は10本(100mm)以下を推奨しております。

電子タバコの将来とWHOの報告

世界での規制の現状

世界保健機関(WHO)は電子タバコに関する報告書を発表しました。(2014年8月)
電子タバコについて、広告掲載の禁止、屋内での使用禁止、未成年や妊婦への販売禁止という規制を求められました。10月のWHOのたばこ規制会議がモスクワで開催され、報告書に関して討議されました。

報告書には、現在電子タバコブランドは466あり、2013年は30億ドル(USD)の市場規模まで拡大していると書かれています。
この報告に対し、イギリスの専門家達によると、従来のたばこに比べ、電子タバコは安全であると認識されており、従来のタバコから電子タバコに100万人が切り替えれば、死亡者を年間6000人減らせると提唱しております。
今後、電子タバコ使用者が増加するにつれ、電子たばこについての討論が盛んに行われていくと予想されますが、従来のたばこより、人体への影響が少ないといわれ、流行している現状がみられます。
イギリス、アメリカをはじめ、電子タバコ産業は近年ますます発展をしていくでしょう。
2016年、イギリスでは電子タバコを安全に使うため、医者からの処方箋がなければ、買えない医薬品扱いとして運用が進んでいきそうです。